ブログ

文書として残るわけでもない、書きっぱなしのはずのブログが、週間新潮で取り上げられている.
いつかは、と思っていたが、あの きっこの日記 である.長年読んでいたが、今年に入ってから
内容が結構ヒートアップしていて、だいじょぅぶかなとは思っていたが.(2月初頭、ライブドアとヤクザの関係をかなり書き込んだ為、脅迫や脅しが入っているらしい、その他、自民党批判など有り)
週刊誌の結論は、敢えてあいまいに書いているように思う.書いているのは男ではないか、
複数で書いているのではと..私も一人ではないような気がする.あれだけの量を、詳細を記憶にだけに頼って書けるとは思えない.新潮当たりは、正体を知っているような気もするのだが..
一方で、変な詮索などせず、謎のままで居てもらいたい気もする.読みたい人だけが読めばいい.
若い人には、反体制的と言っても、意味さえ通じないだろうが、きっこの日記の様な反体制的な世相の切り方は、今では貴重な見識となってしまった.
学生が理想を学べば、一度は現実とのギャップに反体制的となるはずなのだが、今の人は、
素直に認めてしまう.よく言えば順応性がいいのだろうが、若さがない...ような気がする.
 
最近、ブログというか、メールならではの笑いがあった.
あるブログに、..ノリがいいから外人と結婚したら、..とコメントした.
返信が入り、外人? 何人? と書いてある.
私は、彼女流のジョークで来たかと、返信に、   そーさなー、5人位では.何言ってるんだ!
逆ハーレムでも作るんかい!一人で十分だろう..のようなジョークで返した.
 
返信が来た..そこには、 すみません、何人(なにじん)?と聞いたつもりだったんですが、とある.
日本語はむずかしいな..と思う今日このごろ.オット、 きっこの日記が感染したらしい.
 

2 Comments

  1. 尚(仮名)
    Posted 2006年2月25日 at 5:01 PM | Permalink | 返信

    こんばんは~
    よくまあ、一日の事をあれだけ書き続けられますね~…が感想だった「きっこの日記」
    全部を見た訳ではないですが、結構毒を吐いている感じがあったり…。
    新潮にどういった内容の記事が書かれていたのかは知りませんが、多分批判的な事なのかな~と推測…。
     
    ブログって言葉だけの世界だから、自分が言いたかった事に反して違う意味で伝わってしまう事がありますね。
    詳しく書くと長くなってしまうので書きませんが、その経験から得たものは「言葉って難しい…」でした。
    それが日本語の奥深さなんでしょうかね 笑

  2. のび子
    Posted 2006年2月25日 at 7:07 PM | Permalink | 返信

    ほんとすみません。
    小学生から国語勉強しなおします。
     
    何人? なんにん   なにじん・・
     
    何時? なんじ    いつ・・・
     
    ほんと・・・言葉って難しいです。
     

     
    ちゃんと・・・・べんきょうしよっと!

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。