札幌の中央区でクマ!

一昨日、札幌の中央区盤渓で小熊が見つかった.中央区といえば、札幌駅も道庁も大通り公園も中央区であるから、盤渓が宮の森と言う住宅街の裏手とはいえ市内近郊には違いない.

札幌に住んでいても驚いた.オジの大嫌いな猟友会が出動したが、今回は小熊を山に帰したそうだ.ホッとしたな.この世に害獣なんていない.全ては人間が追い込んだり、環境を壊したり、彼らをつらい目に合わすから歯向かってくるだけと思う.以前ブログに書いたが、世界遺産の知床で鹿を駆除すると聞いたとき、仲間ともども役場に反対のメール攻勢を仕掛けた.結果は保護と牧場などを作っての有効利用に変更された.

とにかく、自然や命が大事だ、野生保護だと言いいながらの鉄砲ドンパチの矛盾は避けてもらいたい.さらに猟銃駆除を解禁すると、全国からにわか猟師が集まり、馬は撃つ、車に発泡する、危なくて仕方ない.そんな馬鹿オヤジが鉄砲もってウロウロする.きちがいに刃物である.人間が作った武器でレジャーで動物を殺すなど、動物への最大の侮辱としか思えないし、そんな事実を聞かされるほうも自己矛盾に陥る.子供が「熊さん、何もしていないのに可哀相だよ!」、この心情が自然なのです.「でも坊や、現実はね..」などという方が不純なのです.非難も誤解も恐れずいえば、野生をこれ以上殺すな.やむをえなければ捕獲して去勢せよ.今の世の中、この日本で、銃が無ければ生活できない人はいない.ならば無くても良いだろう.警察にしても、決して犯罪が少なくないのにイギリスの警官は伝統的に銃は持たない.あらら、イラついて書いてたらアトピーが出た!

今回の猟友会は正しかった、以上、札幌のローカルニュースでした.ピンポンパーン(写真は一時捕獲され、山に帰る小熊) …………その後小熊は衰弱ししたそうです。

広告

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。