なんかノンキだよな...

北朝鮮の核実験を,韓国はノンキに見ている.下の写真が韓国の新聞に載った死の灰の防ぎ方とか..
傘さして,遠くに非難すればいいとでも..あの....,のん気すぎませんかね.
ひとたび死の灰(放射能)が降れば,水は飲めない,農作物,水産物は全滅..日本人なら知っていることですが,やはり原爆被害の実経験がない知識不足,または政府も積極的に脅威を教えていないのでしょう.
下の図を見て,死の灰と,阿蘇の火山灰を間違ったのかと思いましたが,どうやら韓国ではこれで本気に信じてる.
実際こんな状況になったら,高性能な空気清浄機がついた核シェルターに逃げ込むしかなく.少なくても傘差して歩き回ってる場合ではないでしょう.核実験というからしっくりこないので,はっきり原爆の実験といえば分かりやすい.現実に,今行っているのは爆弾の実験です.プルトニウム型(長崎タイプ)かウラン型(広島タイプ)かは分かりませんが,おそらく,プルトニウム型.簡単にいえば,スイカのようなものにプルトニウムをいれ,その周りに起爆剤の爆弾を貼り付ける.この起爆剤を均等に,瞬時に爆発させるのが難しく,どうしても実験が必要になる.起爆剤の爆発で,同時に高圧を受けた核が核爆発を起こす.地下で行うのは,放射能漏れもあるが,電波障害でばれることを防ぐ目的もある.
地下だから安全ではなく,地下水が汚染され,それが海に出る可能性も大きい.それを使うときは,自国が自滅するときと思ったほうがいい.今,世界で一番危険な地域になった朝鮮半島.
とんでもない21世紀になりそうな.
 
壊れたPCのデータは何とか壊れたハードディスクから取れそうで一安心.また,入れるのが大変!
ところで思わぬ勘違いが.ブログの記事はほぼ全部残っておりました.MSNしっかりしてました.感謝!!!
そういえば,新得のjackが運転中に鹿にぶつかった.すでに事故にあった鹿だったらしいが,かわいそうに.エ?鹿が(笑)
 
 

6 Comments

  1. 九州のじい様
    Posted 2006年10月11日 at 9:11 AM | Permalink | 返信

    核戦争 地球 最後の日 近いかも   矢張り いぢばん 怖いの人間でした  
    ハアドデイスク 資料 取れますか  警視庁 からお呼び 掛かるかも

  2. なつ*さゆり
    Posted 2006年10月11日 at 11:42 AM | Permalink | 返信

    すみません。避難要領・・・爆笑してしまいました。・・・本気ですか?
    なんだか、放射能ナメてますね・・・この程度で避難できると思っているのが
    カルチャーショックです・・・。

  3. 尚(仮名)
    Posted 2006年10月11日 at 12:35 PM | Permalink | 返信

    そんな避難方法で助かる訳ないべさーヽ(`Д´)ノ
    知らないってここまで無知になるんですか?
    恐ろしいな~…。
    たしか韓国では太陽政策(?)を批判する声が出てきたとか…。
    今更かよ…って感じですけどね…。

  4. kako
    Posted 2006年10月11日 at 3:24 PM | Permalink | 返信

     
      わたしも非難要領で爆笑しましたw
      と、のんきに構えてる場合じゃないけど、これからの放射能被害が心配です(-_-;)
      Jackさん、鹿と交通事故ですかw
        なんか、平和な北海道と思えるのは、わたしだけでしょうか(。◔‿◔) 

  5. Miyoko
    Posted 2006年10月11日 at 5:27 PM | Permalink | 返信

    しかし、傘をさして歩くなんて韓国も平和な事を
    書いていますね。やはり阿蘇の火山灰と間違っているような気がします。
    そのためか、職場の人も韓国の事は心配しないで、
    日本の事ばかり心配しています。2度目の実験もすると言っていますが、
    やはりしたのでしょうか.....
    北の未熟な技術で放射能漏れなんて防げるのでしょうか、その方kが
    心配です。このような事をすると他国ではなく北が自滅するような気がします。

  6. Kumiko
    Posted 2006年10月12日 at 5:35 AM | Permalink | 返信

    冗談でしょ??遺伝子レベルで被害受けるのに・・・。
    教育って大切。これってギャグですか?
    本気だったら恐ろしい・・・。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。