北海道,こんなのも住んでいる

毎日雪の時期に入りましたよ.まだ積もっては居ませんが,マイナス温度にまっしぐらの北海道
しっかりこの寒さに生きている動物たち.車で30分ほどの距離にある,札幌近郊野幌森林公園のエゾフクロウの夫婦.夜行性なので,昼間はじっとこの姿勢で寄り添っています.
別なのは太った樺太から南下してきた稚内のゴマフアザラシ.今は360頭ほどですが,じきに400頭以上に増加します.えさを求めて南下して,春にはロシア,サハリンに戻っていきます.最近,自然が好きだと公言する人に疑問を感じている.都市部からの移住の人に多いが,手付かずの自然に中にドカンと家を建て,自然の中の住民に納まってしまう.さらに,そんな夢を持っている人も多い.住めば車も持ち込むし,人の出入りも多くなる.
当然,自然や動物が後退する.時には住民と動物が接触する.特にクマなどが出ると物騒だから駆除しろという.
なんか変ですよ....知人に山登りの好きな設計屋がいる.たまに山の話をすると,「沢がきれいで,野鳥が多い,いい場所を見つけたよ」と子供のようにはしゃいでいる.今度教えてと言うと「教えたら人が出入りするから,勘弁して..」と教えてくれない.彼にとって自然とは,こっそり分け入って,おにぎり1個食べたらさっさと退散する,長居してはいけないところらしい.だから何度も行かない.後は写真で楽しんでいる.
人口が減っているのに,自然に分け入ろうという人が多い.移住を歓迎もしている.難しい問題なのは理解できる.
何か方策を考えないと,大自然に家が点在し,その辺は自然の多い人里に変身してしまう.参考になるのはやはり北欧だろう.フィンランドでは,一戸建てには法外な税金を掛けられる.その結果,特に都市部では.多くの人はマンションで一生を終える.今の団地などのモデルがフィンランドなのは意外と知られていない.これも自然保護の考え方が優先したためで,自然を壊さず,なるべく集約して集団で生活しようという発想です.そこから,住民自治の考えが発達した.これもフィンランドが発祥です.やはり,学ぶべきは北欧にあるようです.
 

7 Comments

  1. なつ*さゆり
    Posted 2006年11月29日 at 12:52 PM | Permalink | 返信

    こちらも今夜はいつもより冷え込んでいる気がします・・・。
    北海道は毎日雪なんですね!!
    それにしても、フクロウやアザラシが身近に見れるのは
    羨ましい・・・。

  2. まる
    Posted 2006年11月29日 at 1:28 PM | Permalink | 返信

    いいですねー、そういう設計屋さんの考え方。
    本当、人が住んでしまうと、そこは自然界でなくなってしまいますもんね。
    フィンランドといえば、牧場の少女カトリが…コホン
    団地ってフィンランドがモデルだったんですね。
    日本独自の集団共同生活、長屋みたいなのの形態の現代版だと思ってました。

  3. 尚(仮名)
    Posted 2006年11月29日 at 1:40 PM | Permalink | 返信

    宮間が当時住んでいた場所の近くでは毎年トドの漁場荒らしが深刻な問題となっています。
    自然との共生って難しいんですね。
    漁師さんにしてみればトドは敵。トドにしてみれば生きる大切な場所…。
    本当に難しいです。
     

  4. kako
    Posted 2006年11月29日 at 3:40 PM | Permalink | 返信

     
      こんばんわ
     
      帰宅直後から風邪でダウン ^^;
     
      北海道の自然の中で ゆったり過ごしたいなぁと考えた時期もあったけど、
      なるほど、フィンランドの考えかたは、自然にやさしいですね。
     
      かって、山女であったわたしも、自然とはこっそり楽しみたいとする山男さんの意見に賛成(^-^*)
     
     

  5. Miyoko
    Posted 2006年11月29日 at 6:10 PM | Permalink | 返信

    どこも皆、自然だ、自然だ、などといって郊外に郊外に行って、
    家を建てたがりますね。人里離れた所に家を建てる勇気はないようで、
    何人か集まると自然の中にどっかと立ててしまう。
    周りには何もないと飽きてきてしまい他に行ってしまう。
    そして次の自然を壊してしまう。
    やはり、動物たちの事も考えて欲しいですね。

  6. 九州のじい様
    Posted 2006年11月29日 at 8:30 PM | Permalink | 返信

    お早う御座います 生存競争人様 一番 強い 猪 でも 熊でも 押しのけて居住地してしまいます

  7. Kumiko
    Posted 2006年12月1日 at 2:21 PM | Permalink | 返信

    ハリポタみたい!!
    団地ってフィンランドがモデルなんですね。
    ますます一度行きたい国リストのランキング
    上昇しますね。自然との共生って大切にしたい
    ですね・・・。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。