NO2..

大気汚染,地球温暖化の元凶と言われているNO2 二酸化窒素だが,漠然と中国がひどいと言ってもなかなか目で見える資料が無い.2003年の資料をやっと入手した.それが下の写真.日本の位置などは何とか分かるでしょう.欧州宇宙機関の衛星「エンビサット(Envisat)」が全世界の二酸化窒素の年平均汚染度を測定・分析した写真のアジアの部分.韓国をはじめ中国、日本の大気汚染が深刻な様子がわかる。中国がひどいのは産業用の石炭の使用が多いためで,今は当時よりかなり悪化していると想像できる.特に色の濃い中国の都市部ではスモッグの発生が日常化していてその深刻さが分かるが,これだけ深刻なのに京都議定書への調印を当初は渋ったんだから困った大国です.見る限りでは,ほとんどアンタがアジアの原因じゃないのか!!!!もちろん世界中が協力しなけりゃダメな話ですが,アメリカは未だに参加しない.気象的に日本は風下になるため,中国のNO2増加の為に日本のオゾン濃度まで上昇することになり,これを越境汚染と言うらしいが,勝手にこないで貰いたい.と言っても仕切るわけにも行かないし,例年日本に来る黄砂(こうしゃ)は遠くアメリカ西海岸まで届いているらしい.風が吹いたら桶屋が儲かる式に書けば,北京オリンピックで生産業がフル生産して,石炭たいてNO2出してオゾン濃度上昇して異常気象で砂漠化の進行が早まって日本に砂が降る.オリンピックが終わるまでに日本中喘息にならなければいいが...インターネットが発達しても国が検閲しているこの大国ではこんな情報も見れないだろう.何とか送り込んでやろうと思うのだが...こういうのを余計なお世話と言うのでしょうか(笑)

6 Comments

  1. Kumiko
    Posted 2006年12月19日 at 3:34 AM | Permalink | 返信

    アトピー持ちとしては・・・恐ろしい。
    真っ赤ですよ?!
     

  2. 尚(仮名)
    Posted 2006年12月19日 at 4:25 AM | Permalink | 返信

    東北・北海道はさすがにキレイですね 笑
    いや、笑い事ではないっす…。
     
    全国民がアレルギー体質にならないと気づかないんですかね…
    トップの方々に、たまには空でも見上げて、「青空ってこんな色だったろうか…?」とか
    「いつから星がみえなくなったのだろう」って気づいて欲しいですね。
     
    戦争当時の賠償だの、経済支援だのとお金取ることばかり考えている国みたいですが、日本側からも越前クラゲの被害額の賠償請求すりゃいいのに…。
    そしたらいいかげん気づくんじゃないですかね
     

  3. kako
    Posted 2006年12月19日 at 8:30 AM | Permalink | 返信

     
       最近、急激に手アレルギー発生したのも、中国の影響かしら(-"-;) ??
      東京住まいの我が家としては、これ以上の環境破壊はいやだ~と叫びたい。
      中国は 国土が広大なだけに、これからも、ますます環境破壊を増加させそうな勢い。
     
      検閲厳しいなら、ブログ友になるだけ無駄かしらね(^-^*)

  4. なつ*さゆり
    Posted 2006年12月19日 at 12:43 PM | Permalink | 返信

    いやいや、オジ様、全然余計なお世話じゃないですよ~~~!!
    だって、日本が迷惑すること教えてあげないと!!

  5. Miyoko
    Posted 2006年12月19日 at 10:23 PM | Permalink | 返信

    中国はまだ石炭ですか。これでは空の色が変わるのも
    無理はありませんね。フランスか原子力に代わったと言っても
    排気ガスは凄いです。天気のよい日に丘の上から
    パリの街を眺めればよく分かります。
    町全体に霧がかかっているのですから。
    北京オリンピックを開催しようとする中国はこれでは仕方ありませんね。
    も少し環境問題を考えて欲しいですね。

  6. 九州のじい様
    Posted 2006年12月21日 at 2:04 AM | Permalink | 返信

    此れ 気安く 行きません 排煙 装置 集塵 装置 他 もろもろ  日本みたいに するのは 難しいですよ
    タチション  お尻 触れても 検挙 此の国が 可笑しい

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。