日本へのクリスマスプレゼント

まだまだ石油に依存している日本は石油の権益をなくし続けていたが,25日にアフリカ北部のリビヤ,アフリカ最大の埋蔵量があるといわれるこの国での念願の採掘権を落札した.安部さんがアフリカ詣でをするのもこの辺の理由だろう.リビアになじみは無くてもカダフィ大佐のアメリカ旅客機の爆破や暗殺は有名だったが,自宅を爆撃され,末娘を亡くした頃から態度が軟化し核兵器を放棄し,アメリカも制裁国から解除,リビアも亡くなったアメリカ人の遺族への補償を行ったりしている.この方,かなり血の気の多い方ですが,さすがに世界を敵にしては生きていけないと悟ったようです.リビヤには長い孤立の為に写真のようにサハラ砂漠や自然がふんだんに残っている.日本のこれからのエネルギー確保の要になるでしょう. 
内戦続くイラクはフセインが処刑(29日の予定とのこと..)されればさらに混乱が予想される.フセイン政権時のバース党が,処刑実施したらアメリカに報復するといってますから(27日声明)何か起きるのでしょうか?大きくスンニ派,シーア派,クルド族の3者でイラク国内の石油利権を分け合うとなっているが,今の状態に利害が絡めばさらにもめることも予想される状況.自衛隊が駐留したサマーワは石油埋蔵量の多いシーア派の地域.今後は反フセインのクルド族,シーア派とイスラム圏最大派閥のスンニ派(アルカイダもスンニ派)との対立がひどくなるのではないだろうか.日本がここから石油を得るのはまだまだ先の話.
 
日本,オランダ,英国などが共同開発してきたロシアサハリン地域での天然ガスは,プーチンの横槍でロシアの民間会社が資本参加することになり,ロシア政府の意向に沿った開発に方向転換せざるをえなくなった.決して100%安定した供給源ではなくなったと言うことでしょうね.しかし,見事にロシアという国は約束を守らない.あきれます..
 
そんなこんなで,日本の将来はアフリカとの関係が密接になりますよと言う結論です.
 

4 Comments

  1. 九州のじい様
    Posted 2006年12月29日 at 8:58 AM | Permalink | 返信

     お晩です 油 無いから ねー油に変わる物 発明 出来ませんか 
    原油 要らない 言えば 安く 成るのに
    1法 高く成ると 国も儲かる 皆儲かってんだよね

  2. なつ*さゆり
    Posted 2006年12月29日 at 11:36 AM | Permalink | 返信

    これで少しは原油の値段も下がってくれるんですかね~?
    フセイン処刑・・・何が起きるんでしょう・・・恐ろしいなぁ・・・

  3. Miyoko
    Posted 2006年12月29日 at 5:49 PM | Permalink | 返信

    日本はまだ原子力には頼ってはいないんですね。
    フランスの場合は既に何パーセントかは原子力に頼っていますよ。
    車などはまだまだ石油に頼らないといけないようですね。
    スペインを旅行した時に目立ったのは風力発電の風車です。
    見渡す限るこの風車が山の上にありました。

  4. Kumiko
    Posted 2006年12月31日 at 3:43 PM | Permalink | 返信

    アフリカもくせがある国なので一筋縄では
    いかないのでは?
    資源の確保かぁ。
     

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。