うらやましいな

ふっと目にしたカナダのトロントのローカル新聞の記事。うらやましい通り越して、嫉妬するじゃありませんか。何がって、テーラー夫妻は1999年にも宝くじに当選し、100万カナダドル(約1億1700万円)を獲得。リッチな生活を楽しんでいる。。んが。そして19日、またまた宝くじで23億円を当ててしまった。ミシサガに住むルディー・テーラーさんとヤドヴィガ・テーラーさん夫妻。数字選択式宝くじのロト6/49に当選し、2000万カナダドル(約23億4300万円)を獲得したんだそうだが、ついてる人っているもんですね。500円しか当たったことがないオジとしてはやっかみたくもなる。別に人生、金が全てとは言わないが、あれば色々欲求も見たせようというもの。当たったら何をしたいか真剣に考えて。。。。とりあえず貯金かな。あ~、夢がない。この夫婦、多分又宝くじ買って当てるんでしょうね。日本的に言えば2度あることは~ですから。お金さん、お金さん。決して邪魔ではないので、たまには寄ってくださいませ。。。とフーが申しております。
こんなラッキーな方には関係ない年金問題。こんな情報が入ってきました。
 
2007年06月23日06時42分 asahi.com
 社会保険庁は22日、
年金記録の管理問題の責任をとるため、管理職を中心に、夏の賞与(ボーナス)を自主返納するなどの検討に入った。政府・与党内には「全額返納すべきだ」との声もあり、対象者や金額などは今後調整する。
さらに、
社会保険庁の年金納付記録を管理するシステムを作ったNTTデータの山下徹社長は朝日新聞とのインタビューで、同社が多数の「宙に浮いた年金記録」の存在を、10年前に社保庁から知らされていたことを明らかにした。基礎年金番号が導入された97年時点で、約1億件の基礎年金番号に対し、年金記録の総数は約3億件あり、その差約2億件が「宙に浮いた記録」だったとみられる。
。。。。つまり、97年に3億件のうち2億件が中に浮いていて、隠しながら処理して2007年になっても5000万件残ってしまったということでは。この身内の不手際をNTTデータにおそらく数十億円手数料を払って処理させていたということではないのか。だとすれば社会保険庁、まったく無能の集団です。

4 Comments

  1. 尚(仮名)
    Posted 2007年6月23日 at 5:10 AM | Permalink | 返信

    すげぇーーーーーうらまやますぃーーーー
    これだけの金額当たったら家建てて壁一面キャットタワーにするおいらの野望が叶うのにぃーーーー…(´Д`;)
    まずは宝クジ買うお金から溜めないとなぁ~…

  2. 案山子3
    Posted 2007年6月23日 at 11:17 AM | Permalink | 返信

    お晩です いやいやいや 絶対 当たりません 35口の 競艇  競輪 オオトバイ  はい取れません
    お宝くじ 当たる はずが無い 当たる前に つぶれます 

  3. kako
    Posted 2007年6月23日 at 1:51 PM | Permalink | 返信

       う、うらやまし~~~いの一言につきる!
      宝くじ、買っても、買っても、タダの紙切れと化してる我が家、
        宝くじは夢を買うものよ、といいきかせつつ、いつも希望胸に惨敗に終わってる (>_<)
        あたる人って、あたるものよねぇ~~~
      社会保険庁、さかんに、年金相談受け付けます、と宣伝しておきながら、電話つながりません!!
     

  4. Miyoko
    Posted 2007年6月23日 at 6:46 PM | Permalink | 返信

    いやはや、なんともうらやましいお話ですね。
    23億円もあったら、即、会社を辞めてコートダジュールの海の見える丘に
    ブール付きの我が家を買って、暇なときにはクルーズで世界一周しても
    お金はまだまだ使い切れない位余っているでしょうね。
    籤運には全く縁のない私、ロートでも当るのは2桁まで、
    それ以上は行ったことのない私です。まじめに働いて行く以外にないようです。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。