1枚の写真。。。。

f0097429_2113450yy

   1枚の写真。原爆が投下された直後の長崎での写真である。
写真を撮影したのは、「ジョー・オダネル Joe O’Donnell 」というアメリカの従軍カメラマンで,以下、オダネル氏の談話。少年は生きていたら70歳くらいだろう。 両親も亡くし、背中に亡くなった弟を焼き場まで背負ってきた少年の写真である。拡大すると唇をかみ締めている.下唇には血がにじんでいたそうです。もうすぐ12月15日。日本が戦争に突入した日である。

焼き場に十歳くらいの少年がやってきた。小さな体はやせ細り、ぼろぼろの服を着てはだしだった。少年の背中には二歳にもならない幼い男の子がくくりつけられていた。その子はまるで眠っているようで見たところ体のどこにも火傷の跡は見当たらない。
 少年は焼き場のふちまで進むとそこで立ち止まる。わき上がる熱風にも動じない。係員は背中の幼児を下ろし、足元の燃えさかる火の上に乗せた。まもなく、脂の焼ける音がジュウと私の耳にも届く。炎は勢いよく燃え上がり、立ちつくす少年の顔を赤く染めた。気落ちしたかのように背が丸くなった少年はまたすぐに背筋を伸ばす。私は彼から目をそらすことができなかった。少年は気を付けの姿勢で、じつと前を見続けた。一度も焼かれる弟に目を落とすことはない。軍人も顔負けの見事な直立不動の姿勢で彼は弟を見送ったのだ。
 私は彼の肩をf0097429_20592753抱いてやりたかった。しかし声をかけることもできないまま、ただもう一度シャッターを切った。急に彼は回れ右をすると、背筋をぴんと張り、まっすぐ前を見て歩み去った。一度もうしろを振り向かないまま。係員によると、少年の弟は夜の間に死んでしまったのだという。その日の夕方、家にもどってズボンをぬぐと、まるで妖気が立ち登るように、死臭があたりにただよった。今日一日見た人々のことを思うと胸が痛んだ。あの少年はどこへ行き、どうして生きていくのだろうか。
この少年が死んでしまった弟をつれて焼き場にやってきたとき、私は初めて軍隊の影響がこんな幼い子供にまで及んでいることを知った。アメリカの少年はとてもこんなことはできないだろう。直立不動の姿勢で、何の感情も見せず、涙も流さなかった。そばに行ってなぐさめてやりたいと思ったが、それもできなかった。もし私がそうすれば、彼の苦痛と悲しみを必死でこらえている力をくずしてしまうだろう。私はなす術もなく、立ちつくしていた。

ジョー・オダネル氏は2008年8月9日に85歳で亡くなった。その日はその63年前に長崎に原爆が落ちた日だった。 更に詳しいブログはここで

(写真が破損していたため記事を2009年11月6日作り直しました。コメントもコピーして入れなおしました。この記事は保存しておきたいので、、。)

広告

6 Comments

  1. Ryu&CatFu
    Posted 2009年11月6日 at 3:55 AM | Permalink | 返信する

    Kumikoさんの投稿: ロバ-トキャパさんの写真展で実際にこの写真みました。私のおばさんも気丈な方ですが、友人を原爆で失ったときのことを思い出すと涙を浮かべて言葉を失ってしまっていました。漫画の暴力的な描写が気になります。血がみたいとか、人を殺してみたいなどの発言が簡単に出て

  2. Ryu&CatFu
    Posted 2009年11月6日 at 3:56 AM | Permalink | 返信する

    DEAN DEANさんの投稿: おはようございます。少年の顔、弟の顔をみたら、涙が出そうになりました。戦争は絶対にだめだと。毎年、自殺者の増加で深刻化になっていますが、少しでも、戦争の実体験の話、写真などを見たらどう思うでしょうね?死にたくなくても、死んでいく人達のことを。話がそれてしまいましたが。「kako」さんと同じく、私もその少年が生きていると信じたいです。

  3. Ryu&CatFu
    Posted 2009年11月6日 at 3:56 AM | Permalink | 返信する

    ♪ kakoさんの投稿: 戦争の悲惨さをみせつけられる場面です。

  4. Ryu&CatFu
    Posted 2009年11月6日 at 3:57 AM | Permalink | 返信する

    野比のび子の好きなもの さんの投稿: それが日本人じゃ!!! 恐れ入ったか鬼畜米英!!! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・悲しいなぁ

  5. Ryu&CatFu
    Posted 2009年11月6日 at 3:57 AM | Permalink | 返信する

    九州 案山子さんの投稿: 生きる 為の 戦争 だと 思います 当時は 最善だったはずです何処でも 民間が犠牲に なります 日本敗戦国 ですね外国すべて 依存今に危機 自分の力で動けぬ 日本列島沈没 間近

  6. Ryu&CatFu
    Posted 2009年11月6日 at 3:58 AM | Permalink | 返信する

    macon5さんの投稿: おはようございます。戦争イヤだな。コメントもなんか今日は書きにくいですネ。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。