お金の使い方

images[1]

薬害訴訟が議員立法という天下の宝刀で実現しそうだ。

薬害肝炎訴訟弁護団 の主張は以下のようなもの
ttp://www.hcv.jp/purpose.html
1)ウイルス性肝炎の感染拡大について、国・製薬企業の責任を明らかにし、謝罪を得ること
2)国・製薬企業に対して、血液製剤によってC型肝炎に感染した被害者の被害を回復すること
3)本件薬害および血液事業の誤りについて、その真相を究明し、薬害を根絶すること
4)ウイルス性肝炎に対する恒久対策を実現すること
1)~3)までの支援対象:血液製剤による肝炎患者数 1万人(製薬企業推計)
4)の支援対象  薬害肝炎全国原告団では、全てのウイルス性肝炎患者の被害回復のために 国と製薬企業に対し、次のような治療について恒久対策を実現するよう求めています。
(2) 医療費・生活費支援の制度を実施すること      治療中のウイルス性肝炎患者に対し、下記制度改善を行う他、医療費及び生活支援を実施すること  他の要因によるC型肝炎感染者(200~240万人)、集団予防接種によるB型肝炎感染者(120~150万人)も含む。 。。。。。。

こんな反論もある :以下、赤字部分

本来、瑕疵(かし:品質の欠陥)の無い期間まで賠償を求める対応は、法治国家として最悪の対応でしかない。
(薬害訴訟)弁護団は法治主義を捩(ね)じ曲げた恥を知るべきである。 (要は発症と薬品との因果関係が認定された場合、それ以前の認定者以外の疑わしき患者に対して無制限に保証することは司法判断を無視した解釈だと言っている。確かに一理あるが、すべての人が法に訴える時間も経済的余裕もないのが現実だろう) 今後、あらゆる治療の全ての未知の副作用は国家が賠償することになるが、医療の崩壊を招く愚挙(ぐきょ)としか言いようがない。マスコミを巻き込んだ気違いじみた恫喝(どうかつ:おどし)により、国民の貴重な税金は無駄遣いされることになる。
本来手にすることのない金を手に入れる原告団(訴訟団体)は全国民に対して感謝を述(の)べるべきだ。 そして今後、新薬承認が遅れることにより難病患者を見殺しにする事に対して、謝罪すべきである。 黒字部分はオジの注です。書いた方については不明

反論が危惧しているのは、国が多大な出費を強いられること、今後の新薬開発に際し、厚労省、製薬会社が及び腰になり、新薬の許認可、発売が影響を受けるだろうという主旨だ。  まず、このような出費だが、これは国内で国民に支払われる金額で、大きな公共事業投資と思えばいい。まわりまわって消費されるお金だ。病院にも製薬会社にも結果的にお金が回る。無駄な干拓工事よりはずっと賢明な出費ではないか。国が福祉の充実を目指すなら避けられない経過だろう。役人も額に汗して試薬検査の徹底をすればいいことで、今までがずさんすぎた。こんなことで新薬の許認可が委縮するなどあってはならないし、こういう財源確保にも、今まで以上に天下りや、役所の無駄遣いを引き締めなければならない。民間ならどこでもバブル崩壊後にやった、コストの見直し、経費削減、処理の効率化、いまだにやっていないのは役所行政だけだろう。小泉政権時の公約通りやればいい。それだけのことだ。ちなみに日本の国防費は5兆円、そのうち人件費が40%。公務員給与の2割削減(民主党の公約)で1兆円が浮いてくる。衆参両議員の議員歳費や、秘書給与、議会事務局職員の人件費などすべてひっくるめて掛かる費用は、な、、なんと総額で2243億8723万円になる。国会議員一人当たりのすると3億円になる。財源などいくらでもある。

5 Comments

  1. kako
    Posted 2007年12月23日 at 3:31 PM | Permalink | 返信

     
     こんばんわ
      年賀版画完成~♪
       おかげで、肩凝り、背中痛い!
        明日から、整体通いとなりそうな・・・
        ↓の中国オリンピックの容姿端麗おねーさまがたの訓練など、無理であります。
            もっとも、年齢制限あったか (笑)
      薬害肝炎訴訟で政府が、補償金が大きすぎる、と主張したことで、腹たちました。
        無駄な公共事業やめれば いいこと、と思いましたが、議員にこんなに大金かかっていたとは!
        いねむりばかりの議員の数、減らせばいいこと。

  2. Mito & Koru
    Posted 2007年12月23日 at 10:18 PM | Permalink | 返信

    リュウさん、おはようございま~す^^財源確保か・・・リュウさんの素晴らしいお考えをゼヒ関係者におメールしましょう(・∇・*)もともと血液製剤っていうのは危険な医療として、避ける人もいらっしゃったらしいですが、インフォームドコンセントっていうやつも最近やっと言われるようになってきたので昔はなかなかだったのでしょうか。患者も治療についてよ~くお勉強しないと、何をされるか分かったもんじゃないですね;

  3. のび子
    Posted 2007年12月23日 at 11:04 PM | Permalink | 返信

    あれ???
     
    この人は昨日のそこまで行って委員会見んかったんかなぁ???
     
    原告団は薬剤被害とわかる人だけで
    線引きするなら自分たちへの救済金が減ってもいいから一律でって言ってたそうなと
     
    言ってた様な???
     
     
    どっちがほんまや???

  4. Miyoko
    Posted 2007年12月24日 at 3:17 PM | Permalink | 返信

    Kakoさん、年賀版画完成したんですか。
    どのような版画か見せてくださいね。楽しみにしていますので。
    ところで、パソコンの調子は如何ですか。
    私はMSNを開くと強制終了が出て開けないのです。他のブログは
    問題なく開けるのですよ。
    昨日、更新ファイルが来たのでアップすると強制終了が
    今のところ現われなくなったのです。
    どうも、あれはMSN側の不都合の修正ファイルではないかと思いますね。
    Kakoさんのところはまだ悪いですか。

  5. 案山子3
    Posted 2007年12月24日 at 5:52 PM | Permalink | 返信

    薬剤 肝炎 国が 払うわ 国民の 税金 救済 食べれたら 未だ要求する
    私は 医療開発 の 歯止に成ります  人殺して医者 腕磨く ですよ
    開発に 犠牲 つき物です 違いますか

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。