「フランダースの犬」あらすじとその考察

images[2]images[5]

犬の)パトラッシュは、気の荒い飼い主にこっぴどく使われ死にかけて、道端に捨てられます。ジェハン・ダースじいさんは、老犬を自分の小屋に引きずって回復させます。それまで、荒い言葉と手ひどい取り扱いで人間不信になっていたパトラッシュは、慰めるようになでさするダースじいさんと無邪気なネルロ(またはネロ)に、心を開きます。ダースじいさんは、牛乳缶をアントワープの町に運んで生活を立てていました。体のよくなったパトラッシュはおじいさんの代わりにネルロと働き始めました。
パトラッシュは不思議でした。ネルロが大教会堂に入って長い間でてこないのです。そこにはルーベンスの”十字架を立てる”と”十字架からおろす”の作品(ルーベンスが描いた ”キリストの十字架昇架、十字架降下)がありお金を払わないと見ることができないのです。
緑の丘の上の風車の家に住む アロア(そこの娘)の家は、村1番の金持ちでした。貧しいネルロは、じょうずにアロアを写生しますが父親はネルロを遠ざけます。貧しいから、、、、あらぬ噂(風車を放火した)をアロアの父に立てられネルロは仕事もできなくもう、食べる物もありません。ネルロは、画家の道に進める公募のコンクールに作品を出していました。でも、優勝者は波止場主の息子でした。雪の中パトラッシュが茶色の皮袋を拾いました。それは途方もない大金が入っているアロアの父の財布でした。
さっそく風車の家に届けます。アロアの父は深く反省します。ネルロは、アントワープに向かいます。
街々は氷で真っ白。吹雪の中をさまよい歩いていると大教会堂は何故か扉が開いていてネルロはルーベンスの絵を見ることができたのです、パトラッシュは、ネルロが石畳の上に倒れているのを見つけました。『私があなたを見捨てるような薄情な者だと、かりにも思ったのですか?犬のこのわたしが?』 次の日の朝、ネルロとパトラッシュの穏やかな顔でなくなっている姿に、、、、誰を恨むことなく、犬のパトラッシュと天に召されました。

6d9edb73[1]

ベルギー人映画監督が、クリスマスにちなんだ悲運の物語として日本で知られる「フランダースの犬」を“検証”するドキュメンタリー映画を作成した。物語の主人公ネロと忠犬パトラッシュが、クリスマスイブの夜に力尽きたアントワープの大聖堂で、27日に上映される。
映画のタイトルは「パトラッシュ」で、監督はディディエ・ボルカールトさん(36)。
制作のきっかけは、大聖堂でルーベンスの絵を見上げ、涙を流す日本人の姿を見たことだったという。ほかの国ではあまり評価されないこの1870年代の物語がなぜ日本でのみ明治から長く共感を集めたのかは、長く謎とされてきた。ボルカールトさんらは、3年をかけて謎の解明を試みた。資料発掘や、世界6か国での計100人を超えるインタビューで、浮かび上がったのは、日本人の心に潜む「滅びの美学」だった。「日本人は、信義や友情のために敗北や挫折を受け入れることに、ある種の崇高さを見いだす。ネロの死に方は、まさに日本人の価値観を体現するもの」と結論づけた。(ラストシーン動画 http://www.nicovideo.jp/watch/sm5902214)(邪魔な書き込みは下のボタンで消せます。)

日本人が持つ、憐(あわ)れ(哀れではなく)さ、はかなさ、覚悟して死を受けいる者への憐(あわれ)みなど、ほかの国の言葉では言いづらい部分なのだろう。仏教や禅では生きることと死ぬことが同義になる。一所懸命生きること、それは一所懸命に死ぬこと。武士はそれを死を覚悟して生きることが立派な生き方で、いかに死ぬかを生きることと言い換えた。美しいうちに散る桜に潔(いさぎ)良さを見つけ、美しく散ることを、散ることは美しいとも言い換えた。日本人の独特の美学になった。覚悟して死ぬものへは自殺であろうと悪くは言わない風潮ができた。すべてを運命として受け入れる、宗教ではない、日本の倫理なのだろう。これを書いていて、なぜか特攻で死に行く神風の飛行兵が最後の飛行に飛び立ち、自分の家の上で翼を振る情景を思い出した。それを見た親も、これが最後と黙って手を合わせたという。「立派に死んでください」とでも思わなければ耐えられない現実を、日本人は滅びの美学で耐えてきた。

作者についての詳細はここのブログ記事で

4 Comments

  1. のび子
    Posted 2007年12月26日 at 12:45 PM | Permalink | 返信

    そやねん
     
    日本以外では辛気臭いってあんまし人気ないねんってなぁ
     
     
     

  2. Mito & Koru
    Posted 2007年12月26日 at 2:49 PM | Permalink | 返信

    リュウさん、こんばんは~♪
    フランダースの犬は、幼児のころ母が絵本で読み聞かせてくれたお話です。
    日本以外ではウケが良くないそうですが、じつはわたしも幼いころから苦手でした・・・
    あまりにも可哀想すぎだし、あまりにも理不尽だし・・・、だから直視できないのです・・・_| ̄|○
    だから、このお話が同じ日本人のあいだで、ウケるのが不思議です。
    映画やアニメがTVで流れたとしてもすぐにチャンネルを変えるでしょう・・・(- -;;
    友人と、ネロ少年を虐待した大人たちの話をしたときに、私は「こんな酷い人たちがいるんだね・・・」と言いました。
    でも、友人は「いや、現実はもっと酷い」と・・・。それほど世の中は理不尽だらけだということを
    受け入れて生きている人も多いのかなと思い、また辛くなりました。
    滅びの美学というお話ですが、死に限らず、日本ではあえて辛いことを修行のように耐えることを良しとする人が多いみたいですね。
    武士道などと同じく、それもひとつの「道」なのでしょうか。ある意味「道」を重んじるのは、ヨーロッパの騎士道精神などにも
    通じるのかもしれませんね。かたや現代の中国には「道」という概念がないと言われているみたいですね・・・。
     
    ちなみに、ディケンズのクリスマスキャロルあたりなら、かなり深くて好きなんです☆^^

  3. kako
    Posted 2007年12月27日 at 3:12 PM | Permalink | 返信

     
     フランダースの犬物語は 好きでよく本で見てました。
     最後、なぜか、涙がでてきたし、今、こうやって読みながらも、涙でてしまう。
      まさに わたしも滅びの美学を受け入れる日本人だと、文章読みながら、悟りました。

  4. Kumiko
    Posted 2007年12月28日 at 3:20 AM | Permalink | 返信

    世界名作劇場は小さい頃欠かさず見ていました。
    日本人の滅びの美学的価値観がこの作品に共感する要素になるんですね。
    早々に誕生日祝いのメッセ-ジと新年のご挨拶ありがとうございます。
    さりげない気遣いも、ユ-モア同様にモテル男の要素ですね。おじさま!
    よいお年を!素敵な作品(建築物)つくってくださいね。
    私は20代最後の一年を特別な一年にします。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。