新型戦車(試作車両)13日公開

rikuji_newtank この新型戦車TK-X 1両7億円、開発費484億円、陸上自衛隊の新しいおもちゃですね。世界一高い戦車でもある。

冷戦終結で日本本土への大規模な着上陸侵攻の可能性が低くなったため、16年に策定された「防衛計画の大綱」は戦車の装備数を大幅に削減。新型戦車開発の必要性を疑問視する見方もあるが、防衛省は「攻撃や防御、機動力のバランスの取れた戦車の有効性は変わっていない」と意義を強調している。

といくら強弁しても無駄なんだよ、こんなものは。対ゲリラ用というが、いかに無力かは今のイラク戦争の動画を毎日見ればわかるだろう。いったいどこの国のゲリラを想定してる?本気で国内用で開発するなら、韓国、北朝鮮、中国のように軽戦車で水陸両用などが実戦的だろう。まして日本には防衛に関して専守防衛、波打ち際で撃破するとの基本がある。そのための飛行兵器、艦船、ミサイル開発ではないか。それなのにこんな市街戦でしか使えないハイテクおもちゃに484億円とは、いい歳して陸上は馬鹿ばかりか。たんなるメンツと○○重工を養いたいだけとしか思えない。かたや民間会社のコマツが地雷除去のブルドーザーを作って東南アジアで地雷除去をしている。これにただの一人も自衛隊は参加していない。それどころか中国のいいなりに、戦争中の旧陸軍の地雷撤去に数千億円使い、ロシアのか日本のか分からんものまで押しつけられて日夜奮闘。どっちが国益になるとおもう。おバカな戦争オタクの幕僚さんよ。防衛大までいって何を習ったんだか。情けないやら、嘆かわしいやら。

広告

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。