猫の写真家、ドイツから

  

ドイツに写真を撮るネコ、「作品」はネット上で公開

2008年1月21日、ドイツ東部Hartensteinで、小型カメラを首にぶら下げたネコの「フリッツ(Fritz)」。(c)AFP/DDP/UWE MEINHOLD【1月22日 AFP】ドイツ東部Hartensteinには、写真を撮るネコ「フリッツ(Fritz)」が住んでいる。フリッツは小型の防水カメラを首から下げ、毎日のように散歩に出発。カメラのシャッターは1時間にわたり、15秒ごとに自動的に切られる仕組みになっている。フリッツが撮影した作品の数々は、フリッツの飼い主Ramona Marksteinさんの個人サイトに掲載されている。(c)AFP

いったいどうやって撮っているのか、動画で見てみた。子やって撮り貯めた写真でカレンダーが作成している。もしかしらご主人は写真家?ドイツ語なのでわからなかったがなんとなくそんな感じ。

2 Comments

  1. 案山子
    Posted 2008年8月27日 at 7:36 PM | Permalink | 返信

    お早う 御座いま オモシロ そう でも カメラ お高い だろなーーー

  2. Miyoko
    Posted 2008年8月31日 at 8:59 AM | Permalink | 返信

    このようにして猫の世界を見ていると、やはりネコカメはほしいですね。
    実家のネコがどのようにしているか興味があります。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。