使い切ったマキストーブ

Ci080929085756 tamagogata 九州のじい様の小樽製マキストーブは1年でこうなった。隣は新品のときのストーブ。卵形とか、柱時計に似ているので時計型といわれるタイプです。さぞや活躍したのでしょうが、いかんせん0.6m/mほどの鉄板ですから長持ちはしない。同じメーカーの0.8m/mならもう少し長持ちするようですが。ついでにストーブ調べていたら廃品の業務用大型プロパンガスボンベ(直径38cm)を利用したストーブもありますね。確かにあのボンベは耐用年数が来たら廃棄処分です。うまく商品化しているようなので紹介しておきましょう。こんなのや  こんなのがありました。個人で作った人もいて、彼のは横置きでした。なんとなく横置きの方がいいような気がしますが、ドラム缶ストーブよりはおしゃれですね。昔あったダルマストーブのような鋳物は国内ではほぼ全滅。あっても中国製の部品のようです。こういう部分に、需要は少ないが製品の必要性というのがあるんでしょうね。

img2d7a837bzik3zj syoukyakuro1-1 snk-cstove-m

One Comment

  1. 案山子
    Posted 2008年9月30日 at 12:40 AM | Permalink | 返信

    お早う 御座います 丸み有ると 利用 出来ますね 
    ガスボンベ  気お付け無いと  ねーーガス 追い出してから の 仕事 デスね
    面白い あいでぁ 有難う 御座います 

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。