「お前の国を焼き払うぞ!」と脅す国、北朝鮮。

y1pPl97BM9TyVDqWBqHXxrqMf_x44mwTRZ7irphbfJR7qFZS_2AWp9DHIb95AMzd9XRrDqsF9F8uxE 北朝鮮は27日、京義線の非武装地帯(DMZ)軍事境界線(MDL)上で開かれた軍事実務責任者の接触で、韓国側のビラ散布行為の中断を重ねて要求し、ビラ散布行為を中断しなければ「大変な効果(結果)」がもたらされると警告した

さらに」北朝鮮軍は28日に声明を発表し、韓国が対立行動を中止しない場合、北朝鮮が韓国を「がれき」に壊滅し、一切の関係を断つとけん制した。朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。声明は、北朝鮮が金正日体制や南北統一に反対する全てに放火するにとどまらず、「先進的な先制攻撃」で壊滅すると述べ、韓国の「かいらい政権」がこの点を覚えておくべきだと警告している。

Ci081029075925 最近の韓国の金正日総書記の健康状態をめぐる韓国国防相の発言や、韓国の民間活動家らが配布している金正日体制批判のビラ問題などでのいらつきから北は立て続けに上記のような声明を発表した。ほとんど宣戦布告とも取れる内容だが、この程度のことは過去に何度も発表しているので誰も信じていない。しかし、援助を受けている国に対してのこの強気は一体どこから来るのだろう?

写真上は韓国の民間団体がビラや小額紙幣を乗せた風船を北朝鮮へ向けて打ち上げる様子。脱北者団体の自由北朝鮮運動連合(パク・サンハク代表)と拉致被害者家族の会(崔成竜〈チェ・ソンヨン〉代表)は、江原道高城郡巨津港付近の海上から、拉致被害者の名簿や金正日(キム・ジョンイル)総書記の健康異常説などを記したビラ4万枚を大型風船4個につり下げ、風に乗せて飛ばした。ビラを広範囲に撒くためのタイマーがセットされている。ビラが効いたのか、北朝鮮軍兵士1人が26日に江原道鉄原郡の南北軍事境界線付近に展開する韓国軍部隊に投降してきた。理由は北朝鮮が嫌になったというもの。

左の古いビラは、1950年代当時の朝鮮戦争の際に北朝鮮が朝鮮半島に駐留するアメリカ軍に対してまいたビラ。内容は「戦争を止めて自分の国に帰りなさい」というものらしい。

One Comment

  1. kako
    Posted 2008年10月29日 at 3:15 PM | Permalink | 返信

     金正日体調悪化と共に 消え去るべき国  跡継ぎに息子など いらない

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。