オイオイ、そんなとこに潜るなよ!

Ci081129192759

An Austrian motorist couldn’t work out why his Mercedes car was “purring” along better than normal – until he looked under the bonnet.

オーストリアのプロドライバーが、愛車のエンジンの始動がいつものように滑らかでないのでボンネットを開けてみると、、何とそこには猫がいた!

Peter Hochbergerさんが見つけたのはエンジンに捕まっている隣の猫のLUNA,何といなくなってから1週間もそこにいたそうです。ルナは声を上げて気が付かれるまで、約1週間食事もできないで500kmのドライブの間そこにいたことになります。怖い思いをした猫ちゃんはエンジンの奥深くにいて、取り出すのに部品をはずす手間が必要でした。ルナは驚くべきことに毛が焼けることもありませんでした。飼い主は「ルナが食事も水もなく長い冒険から戻ったのは軌跡のようです。いなくなってからポスターや写真を貼って探しました。戻って本当にうれしい!」とのこと。2008.11.25

3 Comments

  1. のび子
    Posted 2008年11月30日 at 3:02 PM | Permalink | 返信

    あったかかったんかなぁ????

  2. kako
    Posted 2008年11月30日 at 3:33 PM | Permalink | 返信

    猫ちゃんの生命力って 強いんですねーー 飼い主の必死の願いが 通じたのね、きっと。

  3. 案山子
    Posted 2008年11月30日 at 5:55 PM | Permalink | 返信

    焼けない で 熱かったろうね エンジン だ物ねーー

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。