この男、凶暴に付き、、。

Ci081229160933 The man killed by Iraqi forces, Imad Ahmed Farhan, was nicknamed ”Imad the Killer” because police say he had confessed to murdering at least 100 people. 2008/12/27

事件の発端は26日午前2時(日本時間 午後8時)ごろ、収容者の1人が具合が悪いと看守を叫び出したことだった。
当時、この監房には40人が収容されていた。担当警部が監房に入ると、アルカイダ系組織の収容者13人が突然襲いかかり、手製のナイフでこの警部の喉(のど)を掻き切った。男たちは警部の銃を奪い、警察署長の部屋に押し入ると、署長の喉もナイフで切って殺害したという。その後、男たちは中庭に飛び出し、警部補1人を射殺。武器庫から武器を調達し、警官隊と激しい銃撃戦となった。銃撃戦は2時間続いたが、やがて警官側が優勢となり、一部メンバーを拘束したという。事件では、警察官6人、武装グループ7人が死亡。3人が逃走したが、うち1人は 再拘束された。警察は、27日昼ごろ、ラマディ中心部の住宅で家族を人質に取っていた逃走犯のイマド・マハメド・ファルハン(Imad Ahmed Farhan)容疑者(32)を警察の狙撃手が銃撃戦の末に射殺したと発表した。彼は「殺しのイマド(Imad Omaya、Imad the killer)」の異名で知られるアルカイダ系地元組織の司令官で 100人以上を殺害したことで知られていた。

このニュースで、地元のアルカイーダの司令官クラスが捕まるほどに追い詰められているのが分かる。イラクの近況、、。

3 Comments

  1. 案山子
    Posted 2008年12月30日 at 8:41 AM | Permalink | 返信

    怖いお話ですね 目つき が 凄い

  2. kako
    Posted 2008年12月30日 at 3:35 PM | Permalink | 返信

     根っからの悪人顔!!   油断できないアルカイダ!

  3. のび子
    Posted 2008年12月30日 at 5:53 PM | Permalink | 返信

    映画みたいや。。。。。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。