目に涙してお試しあれ

imageslkj ワサビの辛み成分が脳の神経細胞の再生を促し、記憶力や学習能力改善させる。こんな効果を名古屋市立大大学院医学研究科の岡嶋研二教授と原田直明准教授が、マウスを使った実験で突き止めた。人の認知症予防につながると期待される。
岡嶋教授らはこれまで、人の胃や腸の知覚神経がトウガラシの辛みや熱さ、痛みの刺激を受けると、全身の細胞の増殖を促進するタンパク質「インスリン様成長因子-1 (IGF-1)」が多く作られ、認知機能が改善されることを解明していた。
今回は、ワサビでも同じメカニズムが働くかどうかを調べた。

動物実験の結果などがあって、結論は、、、、。

岡嶋教授は「計算では、人間も 1日にワサビ12・5グラム(刺し身に添える時の5人分)を食べれば、同程度の効果が 出るはず。脳だけでなく全身で細胞の再生が促進され、認知症予防以外にも、血管拡張や 骨密度強化など多彩な効能がある」と話している。

練りわさび苦手なんだけど、、、。5人分はきついな、、。しかし、効きそうだな、、。子供のころ、確か、辛いもの食べたら頭悪くなると言われたような、、。どっさり食べてれば今頃天才だったかも、、な。中日新聞より

2 Comments

  1. 案山子
    Posted 2008年12月30日 at 8:49 AM | Permalink | 返信

    お晩で御座います ああ大変 わさびが 売り切れる 多分 品不足 ですよ 買いに行かなきゃ

  2. kako
    Posted 2008年12月30日 at 3:28 PM | Permalink | 返信

     こんばんわ  わさび、辛し、大スキななんだけど、物覚え悪くなってきたような~w  もっと 食べることにします。   能登の両親にも たべさせねば!  

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。