米国籍女性記者北に拘束される。なんと無謀な、、。

Ci090322001042 305646563472362391 北朝鮮の朝鮮中央通信は21日、米ケーブルテレビ局「カレントTV」(本社・サンフランシスコ)の米国人女性記者2人が北朝鮮軍当局に拘束された事件について、「17日、中朝国境地域を通じて不法入国した米国人2人が抑留された。現在、当該機関で調査中だ」と報じた。2人の氏名や入国場所、経緯などは明らかにしていない。北朝鮮は今回、2人があくまで「不法入国」だった点を強調。

拘束されているのは米国籍で韓国系のユナ・リー(左)、中国系のローラ・リン(右)の両記者ということはすでに判明しているが、経緯が不明だったが韓国の調査などを総合すると右の図ようになり、かなり無謀な行動だったようで、さらに、2人は、中国に逃れた脱北者の子どもの生活や、売春を余儀なくされる女性の実態なども取材していたことから、これに北朝鮮当局が強く反発した場合、交渉が長期化するとの見方も出ている。ここまでが21日までに判明した。

体当たり取材と言う奴で、凍結した豆満江を中国側から実験的に歩いて北朝鮮へ密入国し、ビデオを撮りながらまた中国側に戻る計画だったようだ。タイミング悪く北朝鮮はロケット打ち上げのために国境警備を強化したばかりだった。

広告

3 Comments

  1. kako
    Posted 2009年3月21日 at 3:46 PM | Permalink | 返信する

     北の取材は 命がけ   生還できる可能性が 残されるように祈ります。    

  2. のび子
    Posted 2009年3月21日 at 4:38 PM | Permalink | 返信する

    あああ。。。。。。。。。。まだ。。。生きてる???

  3. 案山子
    Posted 2009年3月21日 at 11:34 PM | Permalink | 返信する

    北の お陰で アメリカ 威張れる    裏 で やれやれ ですよ温和 では 日本からアメさん  追い出される   遣らせ かもねーー  誰が 得 します  

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。