食器が、バナナが、ギブスがコカインだった!

Ci090321102743

  少し前のブログ(テリトリー:犯罪)に、コカインでギブスを作って税関で逮捕されたのを書いたが、なんと今度はコカインで42枚の食器を作って送ったのが発見された。南米ベネゼイラ発ロンドン経由スペインのバルセロナ行きの荷物は、スペイン人の35歳の男が受取人で発送人は JVLL としかわからない。受取人は利用されただけのようで、当然逮捕された。食器の総重量45ポンド 約20キロ。

写真で見ても青地にひまわりの模様がついた一見普通の食器に見える。これを粉々にしてコカインを精製するつもりだろうが、一体次は何に化けて密輸されるのだろう。過去にあった記憶をたどってもコカインの隠し場所は実に巧妙だ。死体の中、魚の中、紙にしみこます、飲み込む、旅行客の妊娠した大きなおなかがコカインだった事も在った。

20日にはドイツのスーパーにコロンビアからのバナナの箱が届き、女性スタッフが検品したところ、中に28キロのコカイン、末端価格で200万ドル約1億9000万円分が隠されていた。これはどうやら間違った住所を書いたため。過去にもコロンビアのバナナ王がコンテナにコカインを隠して逮捕された。バナナとコカインは縁が深いようだ。

日本の周りを見ても、中国、韓国、ロシア、オーストリア、、全部麻薬汚染が問題になっている。下はコカインを固めて作った食器のウラとバナナに入っていたコカインの箱とコカインで作ったギブスの写真

article-1163468-0401FAE4000005DC-183_468x476

18151

y1pVJTh36jTAQsiPCGLwX0EU758uH0QW5T9XI5B8caVj6kPZdBbM3n19ba1YARZzsMaS9F9hG4bl6Zsswmdryh3Hg

広告

One Comment

  1. kako
    Posted 2009年3月23日 at 2:32 PM | Permalink | 返信する

     あったまいい~、と感心していいのでしょうかw     粉だけに 加工効くんですねーーー         麻薬犬、頭数絶対不足だわーー

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。