オマージュ 遠慮なく入ってくる新語

imageskj images オマージュ[(フランス) hommage] (1)尊敬。敬意。(2)賛辞。献辞。なんていう言葉が堂々と使われている。

WBCで勝ったイチローが「俺をリスペクトしていない、、」などと冗談の中で 英語の 尊敬 を意味する リスペクトRespect という言葉を遣う。アラフォー なんてのもあるが これは  Arround 40th で、40代前後の女性を指すらしい。誰が作ったのか変な言葉だ。

経済学者も「これは、これからの社会を大いにインスパイアする考えで、、」などと インスパイアを使う。これなどは 刺激するくらいの意味だろう。日立のコマーシャルで HItachi、Inspire the next (日立は次世代を鼓舞、刺激する)でよくお目にかかる。厳密には インスパイア は動詞だから、インスパイア(刺激する)する となっておかしいのだが、日本語はこのように、まるで日本語のように取り込んでしまう。

今度はオマージュか、、。辞書どおりの意味だとピンと来ない。「有名なジャズの◯◯のオマージュを作った」などは、その有名なジャズに敬意を払って 似たような、多少アレンジした曲を作ったと言う事になる。

英語のトリビュート 【tribute】新語辞典  ( 賞賛・感謝などのあかしとしてささげるもの。) もオマージュに似ているが オマージュはフランス語。音楽業界では「トリビュート アルバム」「トリビュート盤」などといって、有名な音楽に賛辞を送る意味でそのまま組み込むことなどがある。あまりこの方面は詳しくないのでこんな説明しかできないが、、、。

分かりやすくは オマージュ は 「(尊敬をした上で) それを物まねする」>「パクル、コピーする」と覚えるのが早いだろう。「荒野の7人って、黒澤明の7人の侍のオマージュだった」 オマージュは敬意を払うがゆえに、同じようなものを作ることだそうで、ジョン・スタージェスって監督がクロサワはすごいと、その作品のすごさに敬意を表して作ったのが荒野の7人であり、 これは オマージュであって パクリ では無いのです???(分かるようなわから無いような、、。)

と言う事は、、中国のニセモノは 全て パクリ であって オマージュではない(尊敬が無いから)。。これが言いたかった(笑)

それでは、業界をインスパイアするような斬新な店を、ほかの格好いい店からオマージュしてプランしましょうか、、。こんな事ばかりしていては 同業からは リスペクト されませんね (笑)

それでは、勝手に作った新語を「ダヴィンチ決算」(アメリカの有名な資産運用会社ダヴィンチ・ホールディングスは前期の100億を越す黒字から、今期は不動産を売却しても179億円の純損失を出した。、、とんでもない赤字と言う事で)  今年もわが社は ダヴィンチ決算なのだ!笑

One Comment

  1. のび子
    Posted 2009年3月26日 at 4:25 PM | Permalink | 返信

    オマージュえび。。。。。。。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。