CNNで読んだ AOKIGAHARA

Desperate Japanese head to ‘suicide forest’絶望した日本のトップは自殺の森へ

  • Forest with stunning views of Mount Fuji is also known as place to die(美しい富士山のふもとは自殺の場所で有名だ
  • Counselors now roam Aokigahara Forest, hoping to help the desperate(カウンセラーが絶望した人を救うべく森を探す)
  • Suicides in Japan were 15 percent higher in January than a year earlier(1月だけ見れば前年より自殺は15%増加)
  • Officials fear more people will kill themselves amid the tough economy(経済不況で自殺の増加が懸念されている)

    Ci090329192620

    日本人なら青木が原が自殺で有名だとは知っているだろう。CNNの外信で詳細に報道されていて、自殺に失敗した人の談話も載っている。

    日本の自殺の多さは世界でも有名で、経済の低迷で増加している。今年1月で2645人が自殺し、昨年の同期の2305人から15%増加している。失業率の増加が自殺を増やしており、政府は対策のために相談窓口の増加を検討している。ボランティアで防止のために働く人の談話で「日本の社会は失業や倒産した人には冷酷で、一部には自殺を名誉と見る風潮も在る」と語っている。これから会計年度の3月を迎えるに当たり、更に自殺者は増えると見られている。山梨県庁の関係者は「ここでの自殺者が減る事が希望だが、実際には対策に手の打ち用が無い」と実情を語っている。最後に生還者の言葉がある「今自分は何とか生きようとして自殺は考えないようにしているが、その可能性が絶対無いとはいえない」、。彼は今でも無職で、仕事を探している。

    以上CNNの抄訳。もう随分前になるが、国は国民に余暇を楽しめと啓蒙した。しかし、社会のシステムはそうなってはいない。弱肉強食、競争原理を肯定する社会では、自殺者は単に敗者としてかたづけられてしまう。毎年3万人を超す自殺者も「そのくらいは、、」と規定値として肯定してしまう社会。逆説的に言えば、敗者になりたくないと言う気力がこの国の活力かもしれない。けっして心豊かな肯定的な生き方ではないと思うのだが、、。無理心中で助かった女の子、、。  

  • 4 Comments

    1. 案山子
      Posted 2009年3月30日 at 10:28 PM | Permalink | 返信

      今の 人 失業 悩むの おかしい 何でも すれば ねーーーチマタ 物 余ってる  おかしい 高等 生活 だけが   私は  国に 甘えすぎ     死ぬ 親族 の 決断なら   容認  いいのでわいずれ 安楽 法 も  有る程度   見切り  次世代で ねーー

    2. Hisako
      Posted 2009年3月31日 at 9:14 AM | Permalink | 返信

      「東京ソナタ」と言う映画をご存知でしょうか。http://tokyosonata.com/index.html?control=1私はこれをスイスで見たのですが、やはり失業した男性が妻と心中すると言う話が含まれていて、非常に異質と言うか、失業から心中と言う、飛躍についていかれない気分がしました。おそらく多くのスイス人がそう感じたと思います。映画の主人公は、突然の首切りから最後には立ち上がり、ビルの清掃というホワイトカラーには屈辱ともいえる仕事を甘んじて受け入れる覚悟を決めるのですが、それまでの憤りや、家族間の軋みなど、非常に細かい所を描き出していました。こぎれいな一戸建てやインテリア、凝った食事、服装など、外側ばかり見ると、一見幸せそうな平凡な家庭が実は生きる力というものが非常に弱くなっていると言う日本の現実を見せてくれました。自殺には、心理的社会的な要因も大きいので一概には言えませんが、少なくとも恥、名誉、他人への迷惑など、外側が大事な日本人を、罪と言う意識で動く西洋人には考えられない動機が自殺へと誘っているように思えてなりません。

    3. kako
      Posted 2009年3月31日 at 12:07 PM | Permalink | 返信

       自殺され、残された家族の悲惨さを 理解できる人は少ないでしょう。  わたしの身近にも 自殺した人が何人かいますが 子供、妻に先立たれた人は いずれも精神を病んでしまい、最後は痴呆にまでなりました。   きっと、世間の避難に耐え切れず、現実から逃れたい為に 精神病となるのでしょう。 JRでは 毎日のように人身事故で 命を絶つ人がたえません。  社会的弱者に陥った人が 己の最後を終えるのを見ると、今の社会情勢はどうなってるのか、と思ってしまいます。

    4. のび子
      Posted 2009年3月31日 at 12:29 PM | Permalink | 返信

      心豊かな肯定的な生き方は無理や。。。。

    コメントを投稿

    Required fields are marked *

    *
    *

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。