タリバンのテロ予告 ワシントンが危ない!

 1_61_c320 今週の月曜日に起きた、タリバンによるパキスタンのラホールの警察学校襲撃では双方で18人が死亡した。タリバンの声明では、国連軍によるパキスタン国境に近いアフガニスタンへの空爆の仕返しだと言う。前後してアフガニスタンではタリバンによる自爆攻撃も相変わらず発生している(同じ月曜日、カンダハルKandaharに在る地方政府の合同庁舎で自爆テロ、9人が死亡)。紛争終結を急ぐオバマ政権はアメリカ兵の増援派遣(約4000名)を決定している。右の写真は撃たれた警察学校の警察官と逃げる警官。以前はタリバンに対して同情的だったパキスタン政府への報復テロなのだろう。現在のパキスタン政府はアメリカの要請を受け入れて国内のタリバン掃討に傾いている。しかし、パキスタン軍部には、この政府の指示をよく思わないグループも存在すると言う。これにはタリバン支配地の麻薬も絡んでいるが今回は省略。 タリバンとヘロイン

images 昨日、火曜日には、パキスタン・タリバンの首領 Baitullah Mehsud (左) が、「我々はアメリカの首都ワシントンで世界が驚くようなテロを近々に行う」という犯行LiveLeak-dot-com-252736-afghan_map予告声明を出した。この男はアメリカから500万ドルの懸賞金が掛けられた指名手配テロリストでも在る。以前はアフガニスタンに近いパキスタン南部領内に潜伏し、数々の自爆テロの首謀者でパキスタン国内のタリバンTTPのリーダーでも在る。アメリカは過去に3回彼の命を狙ったがことごとく失敗している。彼は否定しているが、2007年のブット元首相暗殺にも関係したと言われている。彼らの目標は、聖戦 jihad を通して、アフガニスタンにイスラム教国を樹立する事だ。イスラム原理主義者の アルカイーダとアフガン・タリバンAl Qaeda and Afghan Taliban 、パキスタン・タリバンPakistani Taliban:TTP は拠点をアフガンに近いパキスタン南部 Waziristan に設けているといわれている。 *その後2009年8月上旬米軍の無人機空爆により死亡

実際にテロの目標がワシントンなのかは疑わしいいが、近い将来にアメリカのどこかでテロを計画しているのだろう。また9.11のように高層ビルを狙っているのかもしれない。すでに火曜日から日本も参加する世界90カ国の外相会議がオランダで始まった。メインテーマはアフガニスタン支援だが、テロ対策も当然大きな議題である。 この後の経過はリンク先か カテゴリ中東参照

広告

2 Comments

  1. kako
    Posted 2009年4月1日 at 3:27 PM | Permalink | 返信する

     アメリカに対するテロ、あの強烈なシーンが思い浮かんできます。  また、同じ惨劇が起こるかと思うと、ぞっとします。  タリバン一掃、強国アメリカの軍事力を持ってしても 無理っぽい・・

  2. のび子
    Posted 2009年4月1日 at 6:18 PM | Permalink | 返信する

    。。。。。。。。テロ

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。