中国のロボット?

75037_99823275036_589359

73085_530595  中 国の日本紹介記事には日本のロボットの記事が目立つ。ただ、どうもロボットの定義がはっきりしていないようで理解できない事もあるのだが、、。以前に紹介した 二足歩行の女性ロボットが東京でファッションショーに出たという記事があった。同時に火を噴くロボットの紹介も、、。これには 日本の有名なアーティスト・矢延憲司氏が制作した高さ7.2メートルの巨大なロボット「巨人Torayan」が27日、東京の街角に登場した。このロボットは歌ったり踊ったりできるだけでなく、口から火を吹くこともできる。 

と中国側の説明があるが、これはどう見てもオブジェかアートに近い。中国の自前のロボットも紹介されているが、

54151_806510 昆明市和平新村で2009年1月14日の記事で、「知能特別警察」が正式に導入されたとある。「知能特別警察」とは、公共エリアのビデオによる監視と、手動での警察への通報が可能な人型ロボットを指す。 この「知能特別警察」は、駅、大通りなど、人の移動が多い場所や、治安が悪いエリアに設置されている。 緊急事態が発生した場合は、赤いボタンを押すだけで派出所の監督センターもしくは110番通報センターにつながり、音声通話することもできる。(中国の記事より)

これは移動式の監視装置とでも言うべきもので、ロボットと言われてもピンとこない。かなり日本のロボットに注目しているのは分かるのだが、その技術格差は歴然としている。中国ではロボットを、まだなんとなく大きなおもちゃと見ているようだが、日本はすでに多くの工場で生産秘術として取り入れている。日本はすでに月面で人間のように活動する知能ロボットの研究をしている。

 

  

広告

3 Comments

  1. のび子
    Posted 2009年4月10日 at 4:15 AM | Permalink | 返信する

    これ??ロボット???なんかごみ箱着てるみたい。。。。。

  2. kako
    Posted 2009年4月10日 at 4:01 PM | Permalink | 返信する

     日本の技術力の高さにあらためて 敬意を称します。 中国製・・・ブリキのおもちゃみたいw

  3. 案山子
    Posted 2009年4月10日 at 8:03 PM | Permalink | 返信する

    ロボット 感じよう 愛  認識  して  クローン   人 ロボット 判らなく 成る時代も 

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。