東洋のマタハリ 川島芳子 旧ブログ(2008.11.16記)へ加筆

  603fad2d2cc457b62976cb42f95767f7_thuimagesYoshiko_Kawashima_thumb1

   満州国建国にかかわった旧日本軍のスパイで、1948年に北京で処刑されたはずの「東洋 のマタ・ハリ」こと川島芳子が、処刑を逃れ、中国東北地方の吉林省長春(旧新京)市で1978年まで生きていたとする証言が飛び出した。同省の日刊紙・新文化報が15日までに報じた。芳子をめぐっては処刑直後から替え玉を使った逃亡説がささやかれてきたが、その後30年間も生存していたという証言は初めて。  証言したのは長春市の女性画家、張鈺(zhang yu)さん(41)。張さんの母(64)は残留日本人孤児で、1歳から引き取って育てた男性が2004年末、86歳で亡くなる直前、義理の孫の張さんを枕元に呼び「お前が小さいころ世話をしてくれた「方おばさん(方姥)」は実は川島芳子だ」と明かし、「方おばさん」の形見の品を託したという。当時この男性は旧満州国警察局長の日本語通訳を務めていて他に二人の同僚が手伝ったと言い残した。写真左の肖像は張さんの描いた存命中の方おばさんの肖像画。遺品にはH,K(金璧輝)のイニシャル入りのフランス製双眼鏡もあった。証拠から見ると戦後も存命し、長春で亡くなった様だ。

滅亡した中国f0013182_0195456_thumb6最後の王朝 清の復活を日本が建国しつつあった満州に託し、日本人の養子 になり日本軍のスパイとして活躍しまた時には満洲国安国軍総司令として戦闘部隊を指揮した。当時は珍しい単髪で、男まさりに軍で活躍する傍ら、本を書き、作詞をし、歌も歌うほどの多彩ぶりを発揮した清朝の末裔であった。日本敗戦時に中国側から反逆者として銃殺刑にされた。その直後から替え玉説や、生存説が絶えない。銃殺時の損傷がひどく人相の確認は不可能だった。中国には実の娘もいるといううわさもあるが、真偽のほどは不明。波乱の人生の彼女の辞世の句は有名だ。 20050502084839809_thumb7

『家あれども帰り得ず。涙あれども語り得ず。 法あれども正しきを得ず。 冤(えん)あれども誰にかこれを訴えん』

家があるけれども帰れないし 涙が流れほど悲しいけれども誰にも語ることは許されないし 法律はあっても正義はなされないから濡れ衣をきせられているけれども誰にこれを訴えることができるでしょうか

銃殺後の写真も残っているが(右)、銃殺10日前にインタビューした新聞記者が見たのは丸刈りの彼女で、銃殺直後は髪が長かったとか、身代わりに娘を差し出したと言う証言があったり、刑の立会いが外人2名のみだったとか、生存説が耐えない。上の辞世の句も死後彼女のポケットから発見されたという話である。 その後の調査詳細記事  前の関連ブログ記事

川島芳子:粛親王善耆の第十四王女。
本名:愛新覚羅顕子、字:東珍、別名:金璧輝。(イニシャル:H,K)
光緒33年旧暦4月12日(西暦1907年(明治40年))5月24日)生まれ。中華人民共和国の北京市出身。

広告

One Comment

  1. のび子
    Posted 2009年5月10日 at 3:34 PM | Permalink | 返信する

    。。。。どうなんやろ。。。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。