これ 一本のトマトの木(?)です。

c0155902_2221014 最近、ここの農場の前をよく通った。北海道恵庭市にある農業と環境のテーマパーク「えこりん村」で、土を使わない水耕栽培で1粒のタネからトマト2万個の収穫に挑んでいる。水耕栽培では、水温や肥料の濃度を一定に保ち、たくさんの酸素を根に与えることで、根が縦横無尽に伸び、収穫量も多くなる。昨年11月に植えたタネから伸びた茎は直径5センチと太く、無数の赤い実を付けた“トマトの森”に成長、挑戦4年目の今年は、10月までに昨年の記録(1万7185個)を上回る2万個の収穫を目指す。「何も特別な品種ではない。トマトの生命力と、環境の良さだけ」とかで、なお、摘み取ったトマトは、ジュースやジャムに加工して販売している。

レストランチェーンを経営する「びっくりドンキー」の観光農場で、羊や写真のアルパカの牧場もある。それにしても一本のたねからこれだけ取れるとは、、。

240px-えこりん村

lrg_10251728

20090510-654187-1-N

広告

4 Comments

  1. 案山子
    Posted 2009年5月11日 at 2:22 AM | Permalink | 返信する

    凄い 環境 の良さですね   九州 冬 が゜ 無理 

  2. ヨリババ
    Posted 2009年5月11日 at 8:11 AM | Permalink | 返信する

    すご~~~い!日本の農業もやり方次第では、まだまだ夢を持てると思いました。工場化して、室内で人口太陽装置で、生産が始まってる事を報道で知りました。室内なので、環境コントロールができ、害虫も飛来しないので、農薬も殆ど不用になるとか。お米もビル内で収穫できるそうですね。私、ロト6一等に当選したら、農産物生産工場付き住宅に改築予定です。予定は未定ですが…夢はデッカク!

  3. のび子
    Posted 2009年5月11日 at 3:25 PM | Permalink | 返信する

    え!!!これ一本!!!びっくりドンキー。。。ほんならケンタッキーも足10本くらいある鳥飼ってる言う噂。。。。ほんまやなぁ。。。。。。。。。。。

  4. kako
    Posted 2009年5月12日 at 2:19 PM | Permalink | 返信する

     トマトの生命力は すごい! 農業も スマートな時代へと変化してきたわ~  後継者不足解消できるかも~♪

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。