猫とひなたぼっことがん予防

2.6 003

ビタミンDという奴、「骨のビタミン」と言われ、カルシウムとリンの代謝に重要な関わりがある。ビタミンは、腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける働きをするため、成長期にはとくに重要です。不足すると、クル病や骨軟化症などを起こし、人では骨粗しょう症などの原因にもなります。猫は日光を浴びることにより、体内でビタミンDを作り出すことができます。

なんとフーが一日中陽だまりを追って寝ているには理由があった。なるほどね、寒がりでもなんでもなかったんだ。猫の健康法だった。人間の、ビタミン欠乏症・過剰症を見れば、、。

欠乏症 クル病、骨や歯の異常、筋肉の弱体、関節炎など
過剰症 高カルシウム血症、組織へのカルシウム沈着、下痢、脱水、食欲減退、体重減少など

とあるから、取りすぎも良くないが、適度には必要らしい。がん予防に実は「日光浴」が有効なわけ なんて本も出ていて、ほんの説明だけ拾っても、「日本人の多くは、夏季の一時期を除いて、がん予防に必要なビタミンDが不足しています。そのため、ビタミンDを何らかの方法で補う必要があります。その際、ビタミンDは、サプリメントや日光浴で必要量がとれるので、手軽ながん予防法といえます。特に、大腸がんや乳がんなどの特定のがんにおいては、ビタミンDをサプリメントなどで補うことによって、大腸がんは最大50%、乳がんは最大35%、その発症を抑えることができるのです。」

と書いてある。北欧にいた頃、少しでも日がさすと公園でみんなが上半身裸になるのに驚いた記憶がある。子供の頃から日光浴の重要さを教え込まれているかららしい。 外で働く人が十分日光を浴びているかというと、意外と日焼けを嫌って服で全身を覆っている事が多い。ベランダでパンツ1枚が一番いいようだ。

更に、太陽が目にはいると網膜が刺激され、神経を介して脳内に神経伝達物質「セロトニン」が分泌される。すると気分がよい状態が作り出され、集中力も向上、ストレスが軽減される。セロトニンが不足すると、うつ病に陥りやすくなることが知られている。日照時間が少ない地域では冬にうつ病の患者が増えるという。現代人は日光不足に陥りがち。その結果、「セロトニンが足りずにうつ病にかかりやすくなっているほか、キレやすい人も増えている」と東邦大学の有田教授(生理学)は警鐘を鳴らす。日に当たらない生活が、心の病が絡む様々な事件の遠因になっている可能性もある。なんと犯罪防止にも、、。詳しくはここに書いてあります    

広告

3 Comments

  1. ヨリババ
    Posted 2009年5月27日 at 3:55 AM | Permalink | 返信する

    憂鬱で人に会うのが嫌で外出しない。→ビタミンD不足→ウツ状態になり、ナオ引きこもる。→一層ビタミンD不足→心の病の危険も…私も以前、憂鬱で人に会いたくなく、同窓会も欠席した時期がありましたが、主婦の宿命、おかずの買い物には出かけ、太陽を浴びてたのが良かったんですね。うちの さくら は、完全室内飼い。これから心掛けて、ベランダに出します!

  2. kako
    Posted 2009年5月27日 at 2:34 PM | Permalink | 返信する

      北陸は 日照時間短く、さらにお肌に悪い、とかで 太陽にあたらない人多い。セロトニン分泌のためにも 日光浴をしなくては 後悔しても遅い、になりそう。ビタミンDサプリメント、早速、買いにいってきます(。◔‿◔) 

  3. 案山子
    Posted 2009年5月27日 at 7:36 PM | Permalink | 返信する

    ヒナタ ぼつこ いいのでせすね  いいですね  長く 成ってたら 言い訳ですね

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。