洗おうと思ったら、、

Ci090616141134 英ロンドンで4歳の少年が、生後1週間の子犬Puppyをトイレ the looで洗おうとし、誤って流してしまったが、子犬は幸運にも無事救出された。15日の英大衆紙デーリー・ミラー(Daily Mirror)が報じた。 少年はロン  ドン西部ノースフォルト(Northolt)に住むダニエル・ブレアDaniel Blair君(4)。生後まだ1週間のコッカースパニエルが庭で遊んで泥だらけになったため、洗ってあげないといけないと思い、子犬をトイレの便器に置いて水を流した。  しかし、ダニエル君の思いつきは、どうしようもなく間違っていた。 子犬はあっという間に流され、排水管に詰まってしまった。消防隊と地域の動物福祉担当官RSPCAが 駆けつけたが子犬には届かず、Ci090616141052ダニエCi090616141116ル君の母親が配管工を呼ぶと、家から約20メートルj弱(20ヤード)ほど先の管の中で、子犬が逆さまになって詰まっていることが分かった。 その後、配管工が子犬を救出。流されてから4時間が経っていた。子犬は救出後、配管業者の社名である「ダイノ(Dyno)」と名付けられ、無事家族の元へ戻って暮らしている。

ダニエル坊やの弁明「ごめんなさい。もう二度としません」I’m so, so sorry. I won’t do it again  写真上:犯人のダニエル坊やとママと子犬、下は右:配管業者が専用のカメラで見つけた配管の中の子犬の様子と洗われてさっぱりした子犬ちゃん。14日の出来事でした。ウンの強い子犬です。(?)

広告

3 Comments

  1. のび子
    Posted 2009年6月17日 at 2:33 AM | Permalink | 返信する

    うんこまみれの。。。犬。。。救出までの間。。。家族はうんこ我慢したんやなぁまあ。。。無事でなにより

  2. ヨリババ
    Posted 2009年6月17日 at 8:45 AM | Permalink | 返信する

     ほんと、ウン の強い「ダイノ」ちゃん!小さくてよかったね。

  3. 案山子
    Posted 2009年6月17日 at 5:23 PM | Permalink | 返信する

    はあーーんが 良かった ね  ちよつと 手 出しにくいね ひーーー

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。