グーグルビューで犯人見つけた!

半信半疑で事件を調べるとこういうことだった。

オランダの首都アムステルダムの北にあるGroningenの町を14歳の少年が自転車に乗って通行していた。不幸にも近づいた二人組に倒されて携帯電話と現金230ドル相当を盗まれてしまった。警察に届けたが犯人は不明。去年の9月のことだった。

今年の3月、少年がパソコンのグーグルビューで事件のあった現場を見てみると、なんと自分らしい人物が通りの風景写真の中に写っている。事件直前の二人組も写っている。グーグルが世界中でサービスしているグーグルビューという地図機能に通りの風景写真を組み合わせたもので、利用している人も多いだろう。結構小さな路地まで写真が取られている。

拡大して犯人の二人組と自転車に乗る自分だと確信した少年は警察に相談。その後、グーグル本社が鮮明な写真をメールで提供した(通常は人物の顔にはモザイク処理がされています)。それを見た警官には一人に思い当たる節があり、取り調べるとまさしく少年を襲った二人組の片方だった。二人組は双子の兄弟。写真左は通りの風景を撮る専用車。日本中にこんなのが走り回ったはずなのだが見た人は少ない。どうやら早朝に写真を撮るためらしい。そしてその右はその問題の写真。最初は遠景の写真を見、次に下のように拡大したのでは無いだろうか?それにしても偶然とはいえ、よく写っていたものです。

14894416

Ci090624000931 Ci090624000956

広告

3 Comments

  1. のび子
    Posted 2009年6月23日 at 10:26 PM | Permalink | 返信する

    230ドルとは???USドル???23000円相当いうこと???14歳少年が23000円持ち歩いてるん????すごい。。。。え???食いつくとこ。。。間違ってる???

  2. ヨリババ
    Posted 2009年6月24日 at 4:17 AM | Permalink | 返信する

     私も以前グーグルビューを観た事がありますが、人間が写ってる場面に出会わず、へー凄いと関心しただけでしたが、9月のが半年後にも見れたんですね。防犯カメラ的利点もあるとは。

  3. kako
    Posted 2009年6月24日 at 3:21 PM | Permalink | 返信する

     グーグルビューでプライバシー侵害問題発生と聞いたけど                    防犯カメラより、正確なら賛成 ♪

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。