いい加減な男といい加減な裁判所のお話

art.wells.odrc カルバン・ウェルズ Calvin Eugene Wells 受刑者はコカインを100グラム以上所持していたとして重罪に問われ、2005年10月、オハイオ州サミット郡の裁判所で有罪の陪審 評決を受け、禁固10年を言い渡された。
ところが服役中に評決文を読み返したところ、文面に不審な点があるのを見つけた。評決文は、ウェルズが所持していたコカインの量について 「exceeding ten one hundred (100)grams(十百グラムを超す)」と書かれていた。書面を作成した職員のタイプミス余分な「ten」が入ってしまった。オハイオ州の法律では、重罪で有罪を宣告する場合、その犯罪がどの程 度深刻かを評決文に記載することが定められている。 ウェルズは弁護人を通じ、自分の評決文ではこの部分が意味不明にと主張。オハイオ州の高裁はこのほど、 この主張を認め、「評決文は不明確であり、『十百(100)グラム』が何を意味するのか確定できない」と認定、これに伴い重罪の程度も「第1級」から「第5級」に軽減され、刑期は1年に 短縮された。この時点でウェルズ受刑者は既に4年間の服役を済ませていた。10年の刑を書面の不備を弁護士と3年主張し続け、1年に減刑され、4年の服役で釈放。損したのか得したのか、、。チョト考えたがよく分からない話。が、しかし、すべてはそううまくは行かなかった。ーーー
 
無事釈放のはずのウェルズ受刑者、その後2000年11月に、ニュージャージー州モリス群で別の麻薬と銃器所持容疑で指名手配されていたことが発覚。同州の捜査当局は同受刑者の身柄引き渡しを求める方針とのことで、そのまま別の刑務所へお引越しの可能性が、、。 いい加減な男といい加減な裁判所のお話だったようです。写真はそのいい加減な男。気のせいか、ふてくされて見えるのですが、、。今度は何年の刑なんだろうね、。 

広告

2 Comments

  1. kako
    Posted 2009年6月25日 at 2:43 PM | Permalink | 返信する

     弁護士費用がバカ高いアメリカで よく3年間も主張し続けたこと  減刑に応じた裁判所もなさけないけど、流転するだけの刑務所暮らし  また 裁判所ミスに期待するのかしらww

  2. 案山子
    Posted 2009年6月26日 at 1:33 AM | Permalink | 返信する

    何処の 国も 人 裁く よしあし決める 難しさ  無実 人 何年も 拘束  いけませんね 許されません 

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。