ダイアナの消しゴム A desk rubber used by Princess Diana

150px-Rosa_Diana_Princess_of_Wales01bdd01645

   故ダイアナ元英皇太子妃が全寮制寄宿舎 Raddlesworth Hall  時代の10代(9歳の報道もあり)のころに使った消しゴムが23日、英国南東部コルチェスターで競売に掛けられ、540ポンド(約8万4000円)でスイスの収集家に落札された。消しゴムには「MADE IN JAPAN(日本製)」と記され、元妃を示す「D(ダイアナ)・Spencer」の署名も残っている。予想落札価格は200~300ポンドだった。1981年の結婚後も保管していたが、後に王妃が自分の秘書 Jane Parsons に譲ったもの。どこに署名があるのか拡大したら、確かに入っていた。 (右:白い矢印の先、拡大調整画像です) 写真のバラは ダイアナ王妃の ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ と名前のついたバラ。

オリジナルを探してみたが不明。分かったのは、ダイアナ妃は文字のミステイクスの最後のをイタズラしてI にしていたようなのです。無理やり読むと、ミス タケシ と読めるのでおかしい。他にもなんかHelpとか落書きしてますね、9歳くらいですからね。どうやら以前からこれをまねた台湾製や中国製があるようで、下のはとてつもなくデカイもの。下左は多分中国製か、中は台湾製、右は中国製。ちなみに消しゴムは英国人の発明。 

10_01 10b30bfa 55d7d6ce

広告

2 Comments

  1. kako
    Posted 2009年6月26日 at 2:52 PM | Permalink | 返信する

     もったいない精神の持ち主だったのかしらw  よくぞ 10代の消しゴムを保管してたこと。   いまだに ダイアナ人気衰えることなし、ですね。   ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ        この 名前ついたバラ、たしか東京で見た覚えある。

  2. のび子
    Posted 2009年6月26日 at 5:18 PM | Permalink | 返信する

    そうなん。消しゴムはイギリスの発明なん。。。。。。三菱かと思った。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。