英国人から見た日本のミステリーサークル

Bizarre spectacle of the giant crop murals covering rice fields in Japan (日本の水田の作物で描いた壮大な壁画)という見出しで、ミステリーサークルの本場の英国紙Daily Mail,が紹介しているのは、青森県田舎舘村田んぼアート で1993年から始まり、年々複雑なものに挑戦、今ではコンピューターで案を作って村民やボランティアーによって手植えされ、8700人の人口の村に15万人の観光客を呼び込むまでになった。英国人が驚くのは、これは異星人が描いたものではなく、全くインクや染料を使わず、4種類の苗の色で表現されている事だ,、、。と記事から抜粋。下の写真は今年の作品。下の右は今年の原画  宇宙人も刈り取る前に見に来いよ!

article-0-05A46A1F000005DC-812_634x384 article-0-05A46A2E000005DC-917_634x738

article-0-05A469A1000005DC-362_634x399 article-0-05A469D5000005DC-924_634x411 sengoku&napo

広告

2 Comments

  1. 案山子
    Posted 2009年7月12日 at 2:13 AM | Permalink | 返信する

    此れ 凄い 特殊  腕 ですよ 素人 色でも 書けません 凄い ことですね 

  2. ヨリババ
    Posted 2009年7月12日 at 10:12 AM | Permalink | 返信する

    宇宙人もビックリ。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。