HACHI

richardgere-hachi-tokyo 忠犬ハチ公は、卒中で帰らぬ人となった大学教授の主人を渋谷駅前で10年以上も待ち続け、1935年に亡くなった秋田犬。
映画ではその秋田犬が3匹使用された。

まさかこういう映画がハリウッドで作られるとは、それも主演 リチャードギア。邦画 「ハチ公物語」(1987)のリメークで、英語の題名はHachi: A Dog’s Story 日本公開は8月8日、北米公開10月の映画。映画の説明と予告編はここで

映画については妙な記憶が残っている。恐らく5歳か6歳くらいの頃、今は亡き祖母が映画に連れて行ってくれた。映画は二ノ宮金次郎の物語で、恐らく東映の映画だったのではないか?なんとなくだが、オープニングの波が岩にぶつかるシーンを覚えていて、なぜかその映画で出てきた草鞋(わらじ)を今だに覚えている。多分、子供ながらに何か感じるものがあったのだろう。記憶というのは不思議で、何か感動があれば永遠に残るようだ。子供が幾ら小さくても、いろんなものを見せるのがいいのだろうな。この映画もそのひとつだろう。

広告

3 Comments

  1. ヨリババ
    Posted 2009年7月16日 at 6:20 AM | Permalink | 返信する

     私も見ました!「二ノ宮金次郎の物語」(二ノ宮尊徳の少年時代)の東映映画。1957年制作。もう中学生でした。確かに心のどこかに残る佳作です。主演の山本豊三のはにかんだ誠実そうなマナザシが印象的でした。東映の全盛期で、こんないい作品も作っていましたね。担任が 風見章子のファンで、とてもいい演技だと褒めていたのも思い出しました。思うに昔の映画は、ワンシーンが長くゆったりとした流れで、心に残りやすい気がします。

  2. Hisako
    Posted 2009年7月16日 at 6:20 AM | Permalink | 返信する

    ドイツでは10月15日が封切りのようです。ぜひ見たいですね。リチャードギアは、日本のシャルウイダンスのハリウッドリメイクにも主演しましたね。楽しみです。

  3. kako
    Posted 2009年7月17日 at 3:48 PM | Permalink | 返信する

     小学生、中学生時代は 学校推奨以外の映画禁止!  映画の思い出・・ない~~  ハチ公物語主演が リチャードギア      見に行きます!!       わたし ファンなの♪    

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。