やはり、また起きていたアルビノ誘拐、虐殺

200972374352943734_20 200972374330302621_3 以前のブログ迷信に書いた アフリカでのアルビノ:遺伝子の異常で白い肌:アルビノalbino(先天性白皮症) に対する惨劇が起きてしまっていて、アルジジャーラの24日の報道によれば、11人を殺害した容疑で5人が逮捕され、一人は終身刑を言い渡された。被害にあったのは2009年、今年初めからでも12人以上と思われ、殺害された後バラバラにされて隣国タンザニアの魔術師に売り飛ばされたと書200972381247894580_3 いている。すでにタンザニアでは50人以上のアルビノが殺され、タンザニアでは死体が入手できないので、隣国ブルンジのギャングが金のためにアルビノを襲っている。今回つかまったのは5人だが、恐らく氷山の一角だろう。こんなことも防げない国連などの国際機関とは、、。アフリカを長いこと植民地にし、教育も与えなかった英国やフランスは真剣に対応策を考えるべきで、日本もアピールのひとつくらい出しても良いのではないだろうか?金も出すなら少しは口も出せ、、。

ブルンジBurundiでは犯罪の犠牲になるのを恐れて彼らは集団で生活している。写真の彼Jeremiahは計り知れない恐怖を語り、以前は良かったが今は呪われていると言う、さらに「切り刻まれて死ぬくらいなら、ここで飢えて死んだほうがましだ」と。

それにしても、アルビノの死体を魔術に使えば幸福と金運を招くなどという迷信が信じられ、それに頼る金持ちが21世紀になっても存在するとは、、。この記事の動画には最初に背の高い青年が出てくるが、視点が定まらず明らかに精神不安定になっている。800万人ほどの中央アフリカには200人ほどのアルビノたちが、今日も恐怖におののきながら隠れ住んでいる。 去年11月に書いた参考ブログ

広告

One Comment

  1. 成里
    Posted 2012年2月24日 at 5:38 PM | Permalink | 返信する

    これは「眼振」と言って
    アルビノが併発しやすい病気の一種だよ
    弱視・色盲・眼振は程度は違えど
    白皮症患者のほとんどが併発してる
    精神不安で視線が定まらないんじゃないよ

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。