すでに全ては遅きに逸したが、、。

images 麻生首相は25日午前10時すぎ、横浜市内で開かれた日本青年会議所の会合であいさつ。高齢化社会の在り方について「高齢者は働くことしか才能がないと思ってください。80歳を過ぎて遊びを覚えても遅い」「元気な高齢者をいかに使うか。彼らが納税者になれば、日本の社会保障は全く違ったものになる」などと述べた。

この方、もう物を言わないほうがいいだろう。破綻した年金制度を反省するでもなく、まるで、働かない高齢者はくずのような言い方。これが十分な福利厚生、たとえば完全有給休暇とか、住宅の手当てとか景気対策とか何もできていない政権政党の責任者の言葉だろうか?言っている事は麻生氏の個人的な人生観だろう。とてもじゃないが国策のレベルの話ではない。年間3万5千人もの自殺者がいるこの国の、本質的な問題に全く気が付いてさえいないようだ。

大体、世界で1,2を争う国にまでなって、年金を65歳まで引き上げ、更になぜ働けと言うのか?人生生きるだけに時間をつぶし、老後はゆっくり個人的に過ごしたいと思うのが普通の考え方で、それは別に怠けている事にはならないだろう。老後にゆとりがあれば高齢者でもいろいろと消費するし、別な仕事や人生の選択も出来る。今は誰もそんな精神的な余裕もない。天下りとお役人以外は、、。

全ての発想は恵まれた役人的な発想でしかない。やはり人間の器と言うのが大事で、G8でオバマ氏と会ったプーチンは、政治的意見の相違はあってもオバマ氏の人間性に感心したと言っている。外交が人間と人間同士のぶつかり合いである以上、お互いにその人間性を見極める。軽い、見識のない人間の言う事など馬鹿にされるだけだ。他に人材がいないとは言い訳にしかならないが、この程度の方を世界に出すしかないこの国が情けない。

国内の景気対策や貧困層への保険制度などで苦労するオバマ大統領、一方で世界の核軍縮を進めようと奮闘している。この方の大学の卒論は「核軍縮」だった。そういう理想を持ってのし上がった人間と、金持ちの道楽とさえ言われるライフル撃ちに時間をつぶした人間とでは、やはり見識も意識も大きく違う。政治家を選択するとき、なぜこの人は政治家を選択したのか良く吟味するべきだろう。

広告

2 Comments

  1. ヨリババ
    Posted 2009年7月28日 at 2:47 AM | Permalink | 返信する

     ホントに史上最悪の首相としか言いようがない。仲間の前では、自分の言葉に感動して涙するなんて、噴飯物。器が小さすぎる。その涙は苦しんでいる国民を思いやってこそ流すべきであり、その心があれば、国民(弱者)目線の政策をとれるはず。  日本の地位はマスマス低下!頭越しに米中戦略会議は開かれるし、沖縄も中国に取られそうな現状、どう考えてるのか、否、なんとも感じてないとしか思えない、嘆かわしい…

  2. 案山子
    Posted 2009年7月28日 at 5:40 AM | Permalink | 返信する

    同県の 資産家 総理  私は  誰が しても 同じ と思います  総理が すべて 一人で仕切る分けで有りませんむしろ 馬鹿 総理が 良いと 思いますが     お金 人脈 無くて 総理 成れません   党派に 騙されない 事ですよ

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。