ロシアで  殴った、、殴られた、

たまにロシアのニュースを見てもを殺伐とした話しかない。たまに出てくる、とんでもない連続殺人やら、なぜか殺人の後食べた話が多2856_120x90く、治安は悪くてアル中と麻薬中毒が多い。徴兵があって、今でもチェチェンあたりで戦争しているから、実戦経験して変になった若いのが多く、仕事もしないで軍隊で叩きこまれた思想教育で、これまたおかしな国粋主義者モドキになり、ギャングになったりしている。そいつらは町の中で意味も無く外国人をぶん殴る。まー、こんな程度のイメージしか残らない国になっちまった。海外ニュースでは夫婦喧嘩にもよくフライパンが出てくるが。

 7月22日の記事でも見てみよう。モスクワの近郊Volokolamskってところで、14歳のガキが、一緒に住んでいるばあちゃんの頭をいきなりフライパンfrying panでなぐって逮捕されたと言う記事がある。理由は、、67歳のばあちゃんが70歳の友達とTVのドラマの話を大声でしていたらしく、うるさくて眠れないので頭にきたらしく、文句を言ったのに反論されてキッチンからフライパンを持ち出した。友達もフライパンでぶったたかれてノックアウトされた。オノでなくて良かったが、ばあちゃん。怪我で済んだらしい。

2780_120x90 7月16日の話 シベリヤのベレゾフスカヤSiberian village of Berezovskayaと言う村で、53歳の女性が、こっちは女性が相手を殴った。殴られたのは200キロもあろうかという熊。Nadezhda Teplyakovaさんが家路を急いでいると、いきなり熊が出没して脅してきた。「村は森からそんなに離れていないが、こんなのは初めてだよ。家に着きそうなところでいきなり後ろから襲われた」。この女性、小柄で身長は152cmで、最初はどうして良いか分からなかった。頭や耳の辺をかじられ、気を失いそうになりながら思いっきり大声を上げて、次に熊の鼻っ柱を素手で殴りつけたそうです。熊は唸り声を上げて森に逃げ、彼女はどうしてたどり着いたか記憶の無いまま家にたどり着きました。「熊!」とひとこと言って家にいた夫にすがりつき、血だらけで気を失ったそうです。病院で、頭、足、胸の怪我の治療を受け無事なようですが、不運なのは熊のほうで、翌日、妻の復讐に燃える夫のVictorさんに鉄砲で撃たれたそうです。

広告

2 Comments

  1. ヨリババ
    Posted 2009年7月27日 at 7:22 AM | Permalink | 返信する

     イラついてるのは、日本人だけかと思ってましたら、ロシア人は桁がちがいますね、熊を殴って追い払うとは!ノンビリ暮らしてたら、こんな反撃力は出ませんから。

  2. kako
    Posted 2009年7月27日 at 12:45 PM | Permalink | 返信する

     世界中でフライパンは 凶器と化してるんですねーーー   フライパン殺人に発展しなくて よかった、というべきか、     耳遠い老人たちの会話って たしかにうるさいけどね   熊との遭遇。。。石川県でも 遭遇事件あるけど、ここまで勇敢な人いないよ        おまけに 復讐してくれるだんな、皆無・・(-_-;)

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。