事件に見るロシア人気質

2926_400x300 モスクワの中心地にあるアパートの一角。見慣れない箱がおいてあるので住人が穴から覗いてみると、なんとライオンの子供!警察も出動して大騒ぎ。50キロのオスのこのライオン、シベリアのオムスクOmskの動物園から汽車で運送され、モスクワ近郊のカルガKalugaの動物園へ向かっている途中だった。何かの手違いでthe central Komsomolskayaの駅で車に乗せかえてクルガの動物園に向かうはずが車が現れず、付き添いの男性が他の車を探しに行った間に起きた事件でした。

「誰も覗かないと思ってここに置いたんだが、。」って、置くほうも、受け取りに現れない相手も、なんとなくロ2922_400x300シア人のいい加減さを見るような出来事です。昔、小樽でロシア人と商談して「来月来るから」と言って彼は船でロシアに戻った。あれからすでに3年。現れませんね(笑) 元記事 写真は 遺失物 になったライオンご本人様。

ついでに27日のモスクワからのニュースから、Kirill Marichev(28歳)と言うこの男性、モスクワで消防士の仕事をしています。当然事件を起したのですが、なんと、消防署の地下でマリファナを栽培していた。インターネットで種を手に入れ、地下に鉢もランプも給水管設備も用意して栽培4ヶ月目で発覚。収穫には6ヶ月かかるそうで収穫前でした。見つかったあと、解雇と10ヶ月の拘留となったそうですが、子供もいて仕事熱心なため休職扱いになるそうです。 元記事  写真見る限り、全く反省の色はなさそうですが、、。

広告

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。