スゴイ医療技術ですね!歯を目に移植

37-TOOTH-682-MAIN_839012a  7月の上旬に読んだ記事だが、そのときは苦手な英文の医療記事で、内容は分かったが四苦八苦して理解していた。分かりやすい図が見つかったのでブログに保存しておく。英国のマーチン・ジョーンズMartin Jonesさん42歳は、12年前にアルミの精錬の仕事中に解けたアルミを浴びてやけどをし、その際に両目の視力を失った。今回見えないまでも僅かに回復の可能性のある左目を最新医療で手術し、なんと視力を回復した。

すでに数例成功例のある移植手術だが、簡単に流れを書けば、まず本人の歯を抜いて穴を開ける。そこへ特殊なレンズを埋め込み、それを水晶体の変わりに埋め込むと言うもの。レンズは人工物なので、生 体拒否を起こさない本人の歯を土台にするという技術らしい。埋め込まれた後は周囲に毛細血管なども復活するようだ。 

最初に見たかったのは50歳の奥さんの顔で、結婚後8年ぶりにはじめてみたときの印象を「彼女はすばらしくきれいだ!もう言葉で言いようtootheyeがない」と感激したコメントが残っている。包帯を取った直後は、視界は水の中から景色を見ているようだったようですが、今は相当良くなったのでしょう。面白いのは、ベンツの小型車スマートをはじめてみたときで、「笑ってしまったよ。まるで誰かが半分に切ったみたいだったからね」と語っています。「歩くときには白い杖を使うけど、何よりもうれしいのは世界の動きが分かる事だね」と、、。

この手術は、英国で唯一の実績を持つ クルストファー・ルイ医師によって行われました。The operation was done by Brighton surgeon Christopher Lui, the only person in the UK who carries out the procedure.

広告

3 Comments

  1. kako
    Posted 2009年8月1日 at 3:10 PM | Permalink | 返信する

    すごい技術ですね!  ぜひ 世界中に広まり、失明から助けられる日がくることを祈ります。

  2. 案山子
    Posted 2009年8月2日 at 9:32 AM | Permalink | 返信する

    ヒぇーー本とですか  信じにくいです  本となら 真似して 貰いたい ですね

  3. ヨリババ
    Posted 2009年8月4日 at 4:32 AM | Permalink | 返信する

     歯が目になるなんて!義眼も進歩したもんですね。自分の歯なら拒否反応もない。毛細血管ができるってことは、どんな事?マサカ、虫歯にはならないんでしょうね。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。