ここまで嫌われるか、潘基文国連事務総長!

images

  この韓国出身の国連事務総長については以前にも書いたが、この方をブログで非難したのは国連内の風評が余りにも悪いのと、韓国の反日政策を国連でアピールでもしたいのか、あからさまに日本の政策(拉致問題絡み)を批判をしたことだ。しかし、この方の嫌われかたは国際的だった様だ。今月末にノルウェーを訪問するが、それに対して現職のノルウェー国連大使が本国に機密文書を送り、彼に対し罵倒にも等しい個人批判をしている事が明らかになった。その内容とは、、。

モナ・ジュール国連大使からノルウェー外務省に送られた秘密の書簡を暴露したのは、同国のアフテンポステン紙。
書簡は「地球的な危機に対処する国連の必要性がかつてなく大きくなっているにもかかわらず、潘氏は存在感のなさばかりが目立っている」と批判し、7月のミャンマー訪問についても「単なる傍観者にとどまった」などと切って捨てている。  「日常的にかんしゃくを破裂させるため、スタッフとの関係は極めてピリピリしている」 「カリスマ性が欠如している」などと、人格面の評価も手厳しい。

彼が国連の経費で、まるで旅行でも楽しむかのようにぶらぶら海外旅行している事は有名だ。一向に改めない行動にモナ・ジュール国連大使は頭に来たのだろう。特にノルウェーは以前から国際的な人権問題に対しては敏感な国で、この方面で目立った行動をしない彼が腹立たしいのだろう。このままではアジア人の評判まで落としかねない。さっさと退場願いたい方だ。これでもかと、最近彼をimagesボロクソに書いたのはアメリカのNewsweek(ニュ-スウィーク)紙(日本語版)だ。そのリンクを保存のために貼っておこう  見事なまでの嫌われ方で、記事のタイトルは「世界で最も危険な韓国人、潘基文。」 写真は麻生首相と、、。どっちも演説がえらく下手だという共通項がある。 (写真上 国際的評価0の二人)

個人的に嫌いな政治家がいる一方で、個人的に首相就任前からエールを送っているのがドイツのメルケル首相。19日の米経済誌フォーブス電子版が、世界で最も影響力のある女性100人を発表し、ドイツのメルケル首相が4年連続でトップに選ばれたという、うれしいニュースが聞こえてきた。メルケル氏の演説もすばらしいが、何よりもそれを実行する行動力がすばらしい。この方物理学の博士号を持つ学者である。最近大胆な衣装が評判になっているが、自国の不利益を省みず、中国の人権問題に堂々とものを言った方である(左)

広告

One Comment

  1. よりばば
    Posted 2009年8月22日 at 3:32 AM | Permalink | 返信する

    同じ敗戦国なのに、政治家の顔つきから違いますね。日本の政治家の愛想笑いは、むなしく感じます。拮抗した二大政党が実現すれば、何かが変わると期待していますが…

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。