こんなことで日本刀使わんでくれよ!

article-1208744-062B612D000005DC-986_468x728article-1208744-062B6135000005DC-459_233x674

   外国にキチガイに刃物って格言があるかどうか知らないが、まさしくこれはそんな事件。あろうことか、その刃物が日本刀だった、英国で、。

事件は去年の10月26日の深夜1時半。ロンドンのMaryleboneの高級マンションの2階にすむコーンKorn夫妻が、階下からの音楽がうるさいのでマンションのポーターに注意するように言った矢先の出来事だった。下のarticle-1208744-062B5A18000005DC-590_468x596階のカールソンCarson夫妻が2階にやってきて、ドアを開けるなりいきなり「どうなるか思い知らせてやる!」とわめきながら日本刀を振り回し、コーン氏は格闘の際に手に切り傷を負った。

それで裁判になったのだが、25日の記事に寄れば、今週出た判決は億万長者といわれる不動産屋のカールソン氏には1年の禁固刑で執行猶予2年、同じく暴力を振るったとされる夫人は「情緒不安定な夫を止めようとしただけだ」と主張し無罪。ただし、カールソン氏には精神病院での検査が命じられた。

このお金持ち様、情緒安定なために2階のフローリング工事の音が気に障ったらしく、仕返しに音楽をガンガン鳴らした挙句、注意された事に腹を立て、持ち出したのが骨董品の2万ポンド(300万円)の日本刀。見ればそれほど高いと物には見えないが、軍刀仕様になっているので前の大戦で没収されたモノだろう。傷害を追わせておいて罪が軽いように思うが、英国の場合、犯人の社会貢献なども加味されるようで、起訴されたカールソン夫妻のチャリティー活動なども罪が軽くなった理由のひとつ、被害者夫妻は「余りにも金持ちに有利な判決だ」と不満を述べている。左が被害者夫妻、右が暴れた夫妻。 参考記事

広告

3 Comments

  1. よりばば
    Posted 2009年8月26日 at 5:49 AM | Permalink | 返信する

    「参考記事」の加害者夫婦の、全く反省ナシのポーズにビックリ。刑罰のありようも国によって随分違うんですね。偽善者と言う言葉はないんでしょうか?

  2. 案山子
    Posted 2009年8月26日 at 10:05 AM | Permalink | 返信する

    隣近所  気にすると 余計 聞こえます  兎に角  仲良く したいものですね  何処も 似た様な

  3. kako
    Posted 2009年8月26日 at 3:34 PM | Permalink | 返信する

     マンションでの騒音事件、日本だけじゃなかったのね。  我が家も階下ともめまくったことあるけど、日本刀もって、ねじ込んでこなかったよ。  刑罰もお国によって、違うものですね~~

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。