米屋さん 損して売ったら怒られた?

PK2009090302100144_size0 6-e 北海道は27日、秋田県産あきたこまちに福島県産コシヒカリを混ぜ、秋田県産あきたこまち100%と表示して販売したなどとして別海町の精米販売「丸芳佐藤商店」に、日本農林規格(JAS)法に基づき、改善の指示をしたと発表した。佐藤商店は2008年4月~09年6月、福島県産コシヒカリを約1割混ぜた秋田県産あきたこまちを少なくとも1000キロ販売。2008年4月~09年6月、福島県産コシヒカリを約1割混ぜた秋田県産あきたこまちを少なくとも1000キロ販売。09年4月に富山県産コシヒカリを約4割混ぜた福島県産コシヒカリを福島県産100%と表示し1135キロを販売した。いずれも表示した米よりも高い米を混ぜており、調べに対し「おいしいお米を食べてもらい、客が増えたらいいなと思った」と動機を話しているという。

確かに不当表示かもしれんが、悪意には感じられないな、、。北海道には牛肉偽装なんてのもありましたが、これから見れば商売上のテクニックとしてはセーフかなと、。ただ、世の中偽装多発で神経質になってますから気をつけないとね。この動機は多分正直な動機でしょうね。役人のしている悪さから見ればいたずらみたいなもんだな。ほれほれ、めげずにがんばれ!

3日の記事で、ことし上半期(1~6月)に全国の警察が摘発した食品の偽装表示事件は23件で、統計が残る2002年以降、最も多かったことが、警察庁のまとめで分かった。これまで通年で最多だった昨年(16件)を上半期だけで既に上回った。23事件で摘発されたのは78人、17法人。摘発人数も、通年で過去最多の昨年(57人)を上回っている。同庁は「食の安全に対する国民の意識の高まりが背景にある」としている。

広告

2 Comments

  1. よりばば
    Posted 2009年9月5日 at 12:05 PM | Permalink | 返信する

    摘発ですが、これは検挙よりも広く、犯罪を見つけただけで、犯人の特定にまで至っていないようなケースも含むものらしいです。立件して逮捕にしないことには、やり得状態なのでは?

  2. kako
    Posted 2009年9月5日 at 1:12 PM | Permalink | 返信する

     古米に新米まぜて売ってるのからみれば、このお店、良心的だわ。   東京の知り合いの米屋さんが 言ってるから、間違いなしよ。  偽装ばかりで 食品購入するとき、外国産とじーーと見比べてしまう癖がついたわたし(^_^;   

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。