ロシアの軍縮と虫歯の関係

2973_400x300 400_F_1722962_O7ZjsXLVJbGZrWK7dw6kv5jOC00ATH Russian_soldiers_on_the_Champs_Elysees_DSC03310 ロシアの国防に携わるColonel General Dmitry Bulgakovとか言う将軍が言うには、今後ロシア軍ではタバコは支給せず禁煙の方向で行くと公表した。という事は、タバコは官給品だったようですね。先に飲酒を禁止したほうがいいような気がするが、まずは禁煙らしい。しかし、余程止めれない人が多いのか、個人の所持金で買って吸う分にはOKで、タバコの代わりに軍からはキャラメル、砂糖が支給されるとか。なんか、キャラメルなめながらの戦闘って想像しにくいのですが、、。今度は虫歯が増えそう、、。元参考記事

同時に軍隊の制服、身の回り品も近代化するようで、ロシア軍伝統のブーツも軽く、蒸れないものに変えていくと発表した。ロシアでは女性もブーツを軍装として使用することから、相当評判が悪かったのだろう。写真はカルゼまたはカルゼイ・ブーツkersey bootsと呼ばれるロシアのブーツ。

5月のワシントンポストによれば、ロシア軍の実体は、120万規模を誇りながら、将校のみいて(将校だけで35万5千人)、兵はおらず、有事に兵員が補充されるといういわゆる幽霊師団等も多く抱え、近代化が遅れているようだ。大統領は、将校団を15万にし、200の将軍、1万5千の佐官、7万の尉官などを解雇しようとしているが、それによって相当な軍人が失職し住宅をなくす事から内部の反発が続いている。内部抗争は激しく、プーチンとメドヴェージェフは軍参謀本部のほとんどと、軍の縮小に反対する民族主義的、保守的な政治家と対立している。いずれは誰かが手をつけなければならない軍の縮小と近代化が、ロシアで今始まったというニュース。まずはタバコ官給禁止ブーツから、、。詳細はこの記事で

広告

One Comment

  1. よりばば
    Posted 2009年9月8日 at 5:13 AM | Permalink | 返信する

    ロシアも内情は苦しいようですね、兵器の近代化も遅れてるらしいそうですね。キャラメルで禁煙?ロシアがマスマス、ダメになる選択肢です。というのは、糖分の取りすぎは、低血糖症を引き起こし、無気力になるし、カルシュームも奪いますので、まさに骨抜きになっちゃいます。「キンエンパイポ」の方がいいのに…

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。