髪の毛でソーラー発電?他の材料はこれ。ネパールのエジソンか?

article-0-06546E62000005DC-46_468x286 このニュースの前に、原理的には最近日本で商品化の目どがついた色素増感太陽電池 に近いものだと思うのだが、どうなんだろうか?その詳細はここで

報道によれば、貧しいネパールの村出身のミラン・カルキ君Milan Karki, 18歳がもしかしたら世界を救うようなエネルギーに関する発明をしたそうで、若い発明家は、髪の毛を使った新しいソーラーパネルが革命を起すだろうと語るが、なぜ、どうしてシリコン結晶の代替えになるのか詳しい説明は無い。写真では、そのパネルを手に、友人が発電した電気で灯りのついた電球を頭に載せている。

「最初は自分の家に電気がほしかった。そして自分の村にも、。今は全世界にと思っている」と語る彼はネパールの首都カトマンズKathmanduの学校Trinity Collegeに通う学生だ。髪の毛がシリコンに取って代わると言う事はローコストで発電ができると言う事で、商業ベースなら今の半分か4分一くらいの費用で出来るだろうと言う彼の15インチパネルのコストは23ポンド(約3500円弱)。9ボルト、18W発電能力があるという。

使用材料は、銅、ヨウ素、黒髪、二酸化ケイ素(シリカ)SiO2黒い台紙 copper, iodine, black hair, silicon dioxide and black chart paper とある。使用したのは塩水(塩化ナトリウム溶液NaCl solution)湿めらせた0.5kg髪の毛で8Vを発電し、太陽下では9.5Vの出力が可能で、パネルサイズで出力は増加すると語り、二酸化珪素silicon dioxide は電極に使用しており、鉛で代用できるという。元記事   

 髪の毛に含まれるメラニンが髪の色を出すが、それは同時に電気への変換の役目もするとミラン君は説明する。彼は電気の無いKhotangの村に住んでいた小さいときから電気に関心を持っていた。村人にこの発明を見せたとき皆半信半疑だった。迷信は信じても科学は信用しない人達だからと彼は言う。今は村人は信じてくれたようで、彼は貧しい石器時代のような生活を何とかしてやりたいと熱く語る。多くの子供が小さい頃から働きにでるこの地域で、親が勉強させてくれたことにも感謝しているという。物理学者のホーキング博士physicist Stephen Hawkingの本で物理に目覚めたと言うミラン君、もしかしたらネパールのエジソンになるかもしれない。

どこまでも素朴で郷土愛にあふれたミラン君は、アイデアに3年を掛け、彼は「このアイデアのいいのは有限なエネルギーを使用せず地球の温暖化にも貢献する事です」と、すでに18歳にして、立派な思想もお持ちのようです。詳しい原理は分かりませんが、技術者の中には、取るに足らないイタズラHOAXだと言い切る方もいるようです。さて、商業化可能なアイデアなのか? MailOnline10.9.2009より

article-0-06546F9D000005DC-575_468x313 article-0-06547172000005DC-352_468x312 article-0-06546663000005DC-540_468x381

広告

3 Comments

  1. kako
    Posted 2009年9月13日 at 3:27 PM | Permalink | 返信する

    女性の髪で縄とか カツラつくるのは知ってますが                  まさか、ソーラー電気とは 思いつかない。 文化に恵まれたわたしたちには 考え付かないことです。

  2. 案山子
    Posted 2009年9月14日 at 9:51 AM | Permalink | 返信する

    髪の毛 足りずに 皆さん  ボウズ に される かもよー

  3. よりばば
    Posted 2009年9月15日 at 1:18 PM | Permalink | 返信する

    天才の閃きを持つ人は、若くても閃くんですね、東大生も顔負けですね。うまく実用化できたらいいですね。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。