メキシコ地下鉄 銃乱射事件

            

090919_mexico_subway1.h2 血なまぐさい事件の多いメキシコでもまれな事件だという銃の乱射事件が夕方のラッシュアワーのメキシコの地下鉄で起き、一部始終が監視カメラで撮られていた。事件は18日夕方5時14分ごろ、首都メキシコシティーのバルデラス地下鉄駅Balderas subway stationでルイ・フェリペ・ヘルナンデスLuis Felipe Hernandez(Felipe Hernandez Castillo という表記もある)38歳ともう一人の男が地下鉄駅の壁に反政府的なスローガンを落書きしているのを警官が静止しようとした事から始まり、銀行警備の警官と止めようとした58歳の建設業の乗客(白いシャツ)1名が犯人の持つ38口径のリボルバー銃で射殺され、乗客6名が負傷した。犯人は犯行時「政府に不満がある、、。」と叫んでいたというが、警察の発表では精神異常とされている。もう1名は逃走。その後の精神,鑑定の結果裁判には影響が無い状態として20日拘留された。

乱射した犯人は15分の銃撃戦のあと肩に銃弾を受け取り押さえられたが、スローガンの内容は「この政府は犯罪者だ」というもので、聖書の言葉や世界的飢饉へ対する警告のようなことを叫んでいたようで、ハリスコJalisco州出身の農業従事者だと情報がある。

今月初め、ボリビアの牧師がニセの爆弾で飛行機をハイジャックした事件がありメキシコで捕まったが、そのときも世界的な危機や地震災害の来ることを叫び、大統領と話をさせろと要求していた。2012年世界危機説を唱えるカルト集団もいて、南米全体に社会不安があるのだろうか?警察が公表した映像では、犯人は左から現れ、銃を乱射したあと銃弾を装填するため地下鉄に乗り込んでいる。写真は逮捕された犯人(中央 赤シャツ)

メキシコの麻薬カルテルの資料調べをしていたら急に入ってきた警察発表です。それにしても犯人は拳銃に随分慣れた感じがします。

広告

3 Comments

  1. のび子
    Posted 2009年9月22日 at 12:38 AM | Permalink | 返信する

    こわ。。。い。。。

  2. よりばば
    Posted 2009年9月22日 at 5:18 AM | Permalink | 返信する

    メキシコは今 非常事態ですね、麻薬の殺人に加えて、2012年世界危機説を唱えるカルト集団のテロ。原因の根幹は、今世界で問題の格差と不況なんでしょうか。

  3. 案山子
    Posted 2009年9月22日 at 8:20 PM | Permalink | 返信する

    むちゃ くちゃですね  奇知外

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。