100万匹のクモの糸で黄金の織物!

article-1216433-069AC124000005DC-703_634x4201-spiders

  記事を読んでまさかと思ったが本当です。先週、ニューヨークの博物館で展示されたそうですが、クモの糸で長さ3,3m(11ft)の金色のショールを製作したというのは英国の美術史家のMr,Simon Peersさんとアメリカ人のMr,Nicholas Godleyさん。5年がかりで価値は30万ポンド以上というから4000万円以上でしょう。当然これが世界一の大きさで、なんとフランスのリヨンの博物館museum in Lyonsにもクモの糸で編んだものが2枚あるそうですが、こちらはサイズが数センチ四方のもの。

どんなクモからからかというとガーデンオーブ スパイダーGarden Orb Spider (Eriophora transmarina)(次をクリックで大きなクモのspidercloth写真が出ます) 英名Garden orb-weaving spiderまたはgolden orb spiders  という種類の、それもマダガスカルに生息する(写真上左)メス100万匹以上をつかったそうで、そこに生息するこのクモのメスが一番きれいな金色を出し、さらに糸が強いそ うで、その強さは鋼鉄やケプラー繊維をしのぎ、なおかつそれらよりも柔軟だとか(同程度の太さならという事でしょう)。調べると、このクモは日本に普通にいるコガネグモの一種のようです。

  このクモの糸を手で撚って、更に撚った糸を合わせて撚りあげて糸を作ったそうで、聞いただけで気が遠くなりそうな話。本人Godleyさんが言うには「14000匹のクモから、やっと1オンス(28g)の糸しか取れず、出来たショールは2.6ポンド(1178g)ありますから、その数は クレイジーです!」と自嘲気味に語る。計算上は、一匹から取れる糸の重さは 0.002g にしかならない!書いていても計算に自信ががなくなるような常識はずれの数字ばかりですが、一匹のクモは400ヤード(365m)の糸を出すそうです。(本当でしょうか?)お二人ともクモが好きなようで、彼らの面構えは「まるで王様(高貴な方)のようです」と語っています。やはり、普通の方では無いようです。11月12日に日本語の記事も出ましたが、数値が英国の新聞記事と違っています。こちらも参考にarticle-1216433-069AC57E000005DC-11_634x492full-silk_hi-res_d66-063-weaving

広告

4 Comments

  1. 案山子
    Posted 2009年9月30日 at 8:32 AM | Permalink | 返信する

    本と ですかーー/??疑問 です ね

  2. よりばば
    Posted 2009年9月30日 at 11:31 AM | Permalink | 返信する

    芥川の「くもの糸」も真実味を帯びて感じられます。100万匹のクモから、糸を取り出す作業はどんなんでしょうか?見てみたいです。しかも複雑な模様織り。触れてみたいです。 ※それから、猫のさくら の件。結局、錠剤飲ませを断念。車で30分のかかりつけ医院に土曜まで、毎日通う事になりました。それで、膀胱炎治療の抗生物質は錠剤でなく注射に変更です。また、治療食のフードも2~3粒くらいカリカリ食べますが、味が気に入らないのか、すぐに終了。毎日、獣医さんが診るので、心配は少しです。結石のほうは、初期だそうですので、3ヶ月程前にフードを変えたのが原因かもと思っています。

  3. kako
    Posted 2009年9月30日 at 2:35 PM | Permalink | 返信する

     クモ糸みるだけで 気持ち悪い、としか思ってなかったけど   こんなにきれいな織物できるとは 信じられない!         クモ糸で織物つくろうとの発想、実行したお二方には 言葉もありません。             まさに忍耐勝負ですね==========

  4. のび子
    Posted 2009年9月30日 at 9:32 PM | Permalink | 返信する

    要らない。。。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。