アンネ・フランクの唯一の動画とその最後

            

PN2009100101000305.-.-.CI0003 有名なアンネ・フランクは、1945年3月、ユダヤ人収容所で生涯を終えました。逮捕前の2年間に書いた「アンネの日記 」が有名です。

今年50周年を迎えたオランダ・アムステルダムの「アンネ・フランクの家(記念館)」は30日、動画共有サイト「ユーチューブ」への動画提供を始めた。生前のアンネを撮った唯一の20秒の動画で、1941年6月のある日、隣人の結婚式の際、建物の窓から身を乗り出す姿を数秒間とらえた貴重な映像。    アンネ・フランクAnne Frank1929年6月12日1945年3月12日

このときアンネ・フランク 12歳。この3年後の15歳で、チフスに罹ったため  ポーランドのアウシュビッツ収容所から「疾病抑留者の受入収容所」であるドイツのベルゲン・ベルゼン強制収容所Konzentrationslager Bergen-Belsenに移送され、収容所が英軍に解放される約二ヵ月前、収容所で亡くなりました。アンネが死んだ三月、この収容所でチフス感染で一万八千人が死に、死者は合計五万人、解放時の生存者は六万人だったと記録されています。そのとき、姉マルゴー・ベッティ・フランクと母も亡くなり、チフスに罹り絶滅収容所アウシュビッツに残った夫のオットーだけが1980年91歳でスイスで亡くなるまで生き延びました。アンネは生きていれば今年80歳になっています。

一説では1万5000人収容の疾病者用収容所へ5万人も押し込んだのは、ガス室が無い収容所の為、大量虐殺にてこずったナチスの餓死と病死による虐殺のひとつだとも言われています。収容所解放時に、多くの死体が英軍のブルドーザーで埋められ、アンネの遺体は確認されていません。 アンネの日記およびホロコーストについての詳細(日本語)

広告

4 Comments

  1. kako
    Posted 2009年10月2日 at 11:48 AM | Permalink | 返信する

     「 アンネの日記 」を読んだとき、ナチスってなんて残酷な行為をする集団だろう。ヒットラーとは どんな生涯を送った人物か、と当時の記憶がよみがえりました。地獄に落とされる前の可憐さが かえって、同情をひきます。

  2. のび子
    Posted 2009年10月2日 at 9:08 PM | Permalink | 返信する

    。。。。。。

  3. 案山子
    Posted 2009年10月3日 at 8:41 PM | Permalink | 返信する

    お早う 御座います 大したものでしようね  若いとき は ね

  4. よりばば
    Posted 2009年10月3日 at 11:59 PM | Permalink | 返信する

     思春期の頃、愛読し、彼女の美しい瞳 に、なお更、心が痛みました。彼女は、隠れ家の中で、この動画の結婚の二人を自分とボーイフレンドのペーターに置き換えて、空想してたのでは、と思います。戦争反対!

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。