ルーブル美術館にマクドナルド。この状況で問題でも?

amd_madonna_fries alg_obama_motorcade フランス進出から30年を迎えた米系ファストフード店マクドナルドが、パリ市内のルーブル美術館の正面入口地下に位置するショッピングモール「Carrousel du Louvre」に出店する。フランス国内のメディアは、「モナ・リザ」などの著名美術品を多数所蔵し、世界的権威を誇る同美術館とファストフード店の組み合わせに反発。
ウェブサイト「Louvre pour tous」(みんなのルーブル)は、マクドナルド出店を「悪趣味」だと批判し同美術館の上層部が出店を差し止めなかった結果「フライの匂いがモナ・リザの鼻先まで漂ってくるだろう」と述べた。

今ではピラミッドから万里の長城にまでマックがあるらしいですが、ここのショッピングモールは同美術館直営ではなく、欧州最大の不動産会社ウニバリ・ロダムコが経営している。マクドナルドの広報担当者は、ルーブル出店に問題はないとの見解を表明。「モール内には既に多数の飲食店が入っており、われわれはそこに加わるに過ぎない。(米系コーヒーチェーンの) スターバックスさえ営業している」と語った。ルーブル店の工事は近く始まる予定。

すでにスターバックスまである地下のショッピングモールならいいのではと思いますがね、、。写真で別な説明をすれば、ルーブル美術館は上の左の様に、正面こそ威厳がありますが広大な中庭には、ふさわしくないと物議をかもしたガラスのピラミッドがあります。この記事のショッピングモールや巨大なフードコートというのはこの地下1階なんですね。地下から見ると明かり取りを兼ねたガラスの逆ピラミッドが中央に下がっていて、この周りがレストランやショッピング街なので、記事からすると正面に近い地下部分のようですが、別にこの辺にモナリザがあるわけでもなく、保守的なフランス人やファーストフードを嫌うレストラン側の難癖のような気がしますけど、、。

jul26 - Carrousel du Louvre

0bfe6e34

p75198-Paris-The_Louvre

広告

2 Comments

  1. よりばば
    Posted 2009年10月9日 at 8:12 AM | Permalink | 返信する

    まさか、街中の時みたいに、美術館内を食べ歩きしながら観賞するわけじゃないでしょう。熊本の現代美術館は繁華街にあり、ホテルと一部ビルがつながってて、地下と1・2階はデパートの分館です。それにしても、ガラスのピラミッドは写真で見てましたが、地下の明かり取りを兼ねていたとは!!!我が家の建て直しの際、取り入れてみたい。

  2. のび子
    Posted 2009年10月9日 at 5:12 PM | Permalink | 返信する

    フランス人て。。。。意地悪やねんサルコジの顔。。。。意地悪そのもんやん

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。