犬になった子ブタ、愛(いと)しのプルーデンス Prudence

  プルーデンスと名前をもらったメスの子豚ちゃん(名前は、多分ビートルズの曲:Dear Prudence (ディア・プルーデンス:愛しのプルーデンスからではないかと想像します。本来の意味は心優しさ等。曲の中では女優ミア・ファロー(Mia Farrow)の妹プルーデンス・ファロー(Prudence Farrow)のことで、レノンとインドで瞑想していた仲間です。)、写真の説明は「自分を(犬と)勘違いした子ブタちゃんPig barks up the wrong tree」で、無邪気に犬たちとかけっこしたり、枝を咥えて遊んだりする幸せな様子を捉えています。

実は農場で小さく生まれたプルーデンスは、不潔な小屋のせいか病気で、全身皮膚病にもかかっていました。飼い主に銃で撃たれ、殺されそうなところを英国の野生動物保護協会に救い出されました。家畜であっても、劣悪な環境での飼育は法律違反になります。薬品のお風呂に入り、病気も直ったプルーデンスは今では犬たちよりも大きくなり、普通は野生動物保護協会では体調が良くなれば元に戻すのですが、飼育ボランティア達が彼女の運命を悲しむため、このまま協会の善意で飼われるそうです。戻せばベーコンにされるだろうという悲しい家畜の運命ですから、、。

今は犬たちと草の上で遊び、一緒に寝ている姿はとてもほほえましく、子ブタちゃん、健康に育てば10年以上は長生きするそうです。今施設で面倒を見るのはかつてイラクやアフガニスタンに行っていた兵隊上がりで、コブタをお風呂に入れたときの「ブーブー」は戦地の爆弾よりもうるさいと、英国らしいジョークで終わっています。

article-1221920-06E751CA000005DC-460_634x425 article-1221920-06E751CF000005DC-309_306x430 article-1221920-06E751C4000005DC-502_306x430

2 Comments

  1. 案山子
    Posted 2009年10月22日 at 10:26 PM | Permalink | 返信

    小さくて 良かったですね  権助  45--50キロ   未だ肥ります毎日 大鍋 一杯 太る はずですが

  2. よりばば
    Posted 2009年10月24日 at 7:23 AM | Permalink | 返信

    目のあたりの柄?がまるで、笑ってるように見えます。ベーコンにされず、天寿が全うできそうで、良かったですね。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。