中国 メラミン入り粉ミルク事件 まだ終わってなかった!

m74976 中国の粉ミルクメラミン混入事件については去年末のブログが最後だった。三鹿集団の女性経営者が死刑の求刑を受けたが2009年1月に終身刑で結審し、農場経営者2人が死刑判決、事件に関係した22社が共同で被害者補償に当るというものだった。三鹿集団はその後社名変更し事業を再開したと情報があった。

中国で再び、有害粉ミルクの疑いがある事件が発生した。「新唐人テレビ」によると、湖南省長沙市で今年3月に生まれた張正さんの息子に、血尿の症状が現れた。病院の検査の結果、腎結石と水腎症(腎臓に水が溜まる病気)であることが判明。乳児は生後3カ月間、「貝因美」(ベーイン)ブランド貝因美集団有限公司 Beingmate Group Co.,Ltd.) の粉ミルクを飲んでいた。家族が、湖南省疾病予防センターに検査を依頼したところ、同粉ミルクにメラミンが含まれていることが分かった。「貝因美」に対し、乳児の医療費全額の支払いを求めたが、メーカー側はその一部の2万元のみを補償するとしている。数カ月間にわたり協議を重ねたが、決着はついていないと張さんは話す

中国浙江省湖州長興県の李家巷鎮で生後60数日の男児・李駿傑ちゃんが2009年1月3日、「雅士利」ブランドの粉ミルクを与えられた後、嘔吐や下痢症状が現れ、翌4日朝、病院での救命処置の甲斐なく死亡した。、母親が風邪をひいたため粉ミルクに変え、母乳を与えなくなって「貝因美ブランドの粉ミルクを与えていたが、3日で使い切ってしまったため、スーパーで400gで48元の「雅士利ブランドの乳児用粉ミルクを買って来たという。この乳児死亡について、広東・雅士利グループは同年1月9日時点で対応を打ち出していない。また、,今年2月、広東省などを含む20省の乳児48人に『多美滋』ブランドの粉ミルクを飲んだため、腎臓結石などの症状が現れたとの報道もあった。

あれだけ世界中が騒いだにもかかわらず、またメラミン混入粉ミルクが製造販売され、被害者が2714344_093181出た。当時、中国国内で30万人に上る乳幼児が有害粉ミルクで腎臓結石に罹り、6人が死亡した。国家品質検査総局によれば、前の事件の22社69種の国産乳児用粉ミルクリストにこの会社は入っていないと言うが、リストに入っているどうかではなく、相変わらずあの事件以降の検査が不徹底で、未だに毒性のある粉ミルクが市販されることが問題だろう。写真は2008年の事件の際に腎臓結石にかかった乳児。すでに貝因美のサイトからは中国製粉ミルクは消え、なぜかこの会社の中国語の粉乳のページには日本製粉ミルクだけが並んでいる

この会社の日本語の会社概要:愛の精神に基づいて、中国、世界の乳幼児の健やかなる成長をお手伝いし、中華復興と人類の平和、発展に貢献したいと考えておりま.す。「貝因美集団」の創始者で現在は同グループの総裁 謝宏(シエ・ホン)氏は浙江省優生優育協会副会長、浙江省予防医学学会専門委員会委員などの任にもあたる育児の専門家としても知られる。なんとも皮肉な肩書きだ。

その後の2009年12月にも西安県で数トンのメラミン入り粉ミルクとコンデンスミルクが発見され、3人の容疑者が逮捕されたと報道があった。おそらく、しばらくしたらまた出回るのでは?? (写真右下) 過去ブログ:メラミン汚染

広告

3 Comments

  1. 案山子
    Posted 2009年10月26日 at 11:11 PM | Permalink | 返信する

    お早う 御座います メラミン 怖い くすりです ねー粉見て解らないから 怖いよ ねー

  2. のび子
    Posted 2009年10月27日 at 4:12 AM | Permalink | 返信する

    まじで。。。。。。

  3. よりばば
    Posted 2009年10月27日 at 11:01 AM | Permalink | 返信する

    又…。直接飲み込む物ではないけれど、メラミン樹脂の食器や、お箸のメラミン塗装、大丈夫なんでしょうか?

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。