世界繁栄指数とSanaristikko

Anna-13_14-2002-ristikko 民間研究機関レガタム研究所が10月26日発表した2009年版「レガタム繁栄指数」ランキングでは、北欧のフィンランド1位となり、日本は16位でアジア最高位となった模様です。 レガタム繁栄指数は、「経済成長」と「幸せ」、「生活の質」の評価測定値とを組み合わせた「繁栄」の定義に基づき、世界人口の約9割をカバーする世界104カ国を格付したもの。
 アジアでは、日本の16位を筆頭に、香港が18位、シンガポールが23位、台湾が24位となった。一方、目覚しい経済発展を遂げる中国は75位にとどまった。20位までの順位は以下から。

▼世界のランキング  1フィンランド 2スイス 3スウェーデン 4デンマーク 5ノルウェー 6オーストラリア 7カナダ 8オランダ 9米国 10 ニュージーランド 11 アイルランド 12 英国 13 ベルギー 14 ドイツ 15オーストリア 16日本 17フランス 18香港 19スペイン 20スロベニア

▼アジアのランキング 16日本 18香港 23シンガポール 24台湾 26韓国 39マレーシア 44タイ、、、、。

▼下位10カ国のランキング 95ケニア 96アルジェリア 97タンザニア 98ナイジェリア99パキスタン 100カメルーン 101中央アフリカ、、、、、、。

昔は田舎の国だなと思ったあの国が、なんと世界一の繁栄国とは!!!!自分の居たときは経済は低迷し、銀行が倒産していた時期でした。人口は500万人ほどの小国です。繁栄と所得水準はイコールではなく、所得は北欧の中では高い方ではないですが、一人一人の常識レベルが高く、国は一人一人の生活を支援する。男女の差がほとんどない。高率な税金でも福祉の為に甘んじる。国の政治家が若く、改革がとにかく早い。昔から、日本が目指すべきはフィンランドだと言い続けていますが、、この結果を見れば当っていましたね。右はフィンランド人の大好きなsanaristikko クロスワードパズル。フィンランド人を思うとき、なぜかこれを解いている姿を思い出します。政治改革に足踏みしていた間の数十年、馬鹿な政治に国民は置いてきぼりでした。何か法案が決まっても、官僚の都合で実施は数年後と平気で言うが、生活は毎日の事である以上、決まった事は明日からでも実行する意欲が国に必要でしょう。全てにスピードが大切で、そのための構造改革だと民主はもっと主張すべきです。のんびりと、クロスワードで時間をつぶし、定年の記念に海外旅行ができる国に早くなってもらいたいものです。 次いでながら、このフィンランド、反映はしているものの、欧州の中では顕著に殺人などの犯罪が急増しているという別のデータも有ります。

広告

One Comment

  1. よりばば
    Posted 2009年11月1日 at 2:39 AM | Permalink | 返信する

    飲食店「ミシュランガイド」の 国版?

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。