大陸縦断ソーラーカーレース 日本車1位!Tokai Challenger

SunPoweredAfpG_650x395solarcar03

   オーストラリア北部ダーウィン(Darwin)から南部アデレード(Adelaide)まで、砂漠地帯を含む豪大陸を縦断する3000キロのソーラーカーレース「World Solar Challenge」で、東海大学(Tokai University)チームが10月28日、平均時速を100.54キロをだし、2位の4連勝のオランダチームとの差2時間以上でトップでゴールした。「World Solar Challenge」は環境に配慮したソーラー技術をPRしようと1987年に 始まった。2年に1度開催されている。

「グローバル・グリーン・チャレンジ」のソーラーカー部門は、太陽光のみを動力源にオーストラリア大陸を縦断するレースで、今回完成した090907-aソーラーカー「Tokai Challenger」には、シャープ製の世界最高水準のセル変換効率30%宇宙用化合物太陽電池が搭載されている.ドライバーには、1997年のパリ・ダカール・ラリーで日本人として初めて総合優勝をなされた篠塚建次郎氏をはじめ、東海大学の学生や卒業生が起用された6平米のパネルは、出力1.8kW、最高速度時速150kmを出し、途中1度のパンクが有ったが、走行タイムは29時間49分だった。

発電部分には77mmx39mmのセルが2176枚使用され、通常ガラスで密閉されるが、今回は重量を軽くするためフィルム状のものがパネルに貼った状態で、2次電池用にはパナソニックのリチウムイオンバッテリー5,6kWが使用された。宇宙用発電セルには砒素を含むため、通常地上での発電には使用しないが、今回はリサイクル可能なため例外的にレースに使用された。詳細データ

広告

2 Comments

  1. よりばば
    Posted 2009年10月31日 at 9:18 AM | Permalink | 返信する

    オメデトー!日本の技術の凄さを、世界に示せましたね。政府は各家庭でのソーラー発電を強力に推し進める方針で、予算をつけると、今日菅直人副総理が言ってるのが、テレビで報道されてました。

  2. 案山子
    Posted 2009年10月31日 at 11:07 AM | Permalink | 返信する

    今晩は パネル もつと 効率 上がると いいですね  

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。